歯とお口の健康ガイド
  • トピックス
  • こんなとき、どうする?
  • 歯の知識と治療法
  • よくあるQ&A

抜歯後、血が止まらない

出血が止まらない

原因は?

ガーゼをしっかり噛んでいなかった

ガーゼで十分に止血できなかったことが考えられます。

血餅がはがれてしまった

血餅(けっぺい)は、ゼリー状に固まった血液で、 止血や傷口の治癒に重要な役割をします。これが何らかの刺激が原因ではがれてしまったことが考えられます。

傷口に何か問題がある

静脈が傷ついていたり、抜いた歯の不良な組織が残っていたりすると、血が止まらなくなりことがあります。

一時的な対処法は?

清潔なガーゼを歯と同じくらいの大きさに丸めて、30分間しっかりと噛み続けます。このとき、途中で様子見るためにガーゼをはずしたりしないようにしましょう。
それでも血がでてくるようなら引き続き30分間ガーゼを噛み続けてください。

ガーゼによる止血をつづけても、湧き出るように鮮血が出続けるようであれば、すぐに歯科医院に行って見てもらいましょう。 十分に止血ができなかった場合、露出した骨面が炎症を起こしてしまう可能性があります。 (ドライソケット)

歯科医院での治療法

ガーゼによる止血の効果もなく血が出続ける場合、傷口に問題がある可能性があります。
歯科医院にて、傷口を縫い合わせたり、不良な組織を掻き出して止血する処置を受けましょう。

関連コンテンツ


歯のトリビア

注目トピック