歯とお口の健康ガイド
  • トピックス
  • こんなとき、どうする?
  • 歯の知識と治療法
  • よくあるQ&A

歯が抜けた

歯が抜けた状態

原因は?

何かにぶつけるなどで歯が脱臼した

転倒や事故などで歯に外傷を受けると、欠けたり折れたりすることがあります。根っこが折れたがどうかで対処法が異なります。

重度の歯周病で抜けた

歯周病が進行すると、歯を支えているあごの骨まで炎症が および、あごの骨が溶けて減ってしまいます。 そうなると、あごの骨で歯を支えることができなくなり、 歯が抜けてしまいます。歯ぐきが炎症を起こしている場合、 歯周病の可能性が高いでしょう。

一時的な対処法は?

転倒などの事故で歯が抜けてしまった場合は、抜けた歯を探して水で洗い、できるだけ乾燥させないように水や牛乳につけて歯科医院に行きましょう。状態によっては元に戻せる可能性があります。

欠けた歯が見つからない場合も、できるだけはやめに歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

歯周病で抜けたと考えられる場合でも、他の歯への影響を少しでも早くくいとめるために、できるだけ早く歯科医院にいきましょう。

放っておくとどうなるの?

歯を抜けたままにしておくと、失った歯と噛み合っていた反対側の歯が、噛み合う歯がないために、徐々に伸びてきたり、失った歯の両隣の歯が、徐々に傾いてきたりします。 長期間放置していると、歯列全体に狂いが生じてくるため、歯並びが悪くなるだけでなく、肩こりや頭痛なの全身に影響を及ぼす可能性があります。

歯科医院での治療法

歯を失ったときの治療法として、下記の3つが挙げられます。
→ブリッジ(両隣の歯を削って土台にし、被せ物をする治療。保険治療が可能。)
→入れ歯(保険治療が可能)
→インプラント(人工の歯の歯根で自然な見た目に修復する治療。)
インプラント治療について、詳しくは下記の姉妹サイトをご覧ください。

→ インプラントのことならインプラント総合情報サイト「インプラントネット 」へ

関連コンテンツ


歯のトリビア

注目トピック