歯とお口の健康ガイド

親知らずは抜いた方が良い?

親知らずは抜いた方がいいの?

親知らずというと、「抜かないと・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?
実は全ての親知らずが抜かないといけないわけではありません。
上下の親知らずがきちんと生えていて歯磨きが問題なくできる場合や、顎の骨の中に埋まっていて痛みなどの症状がない場合は、抜く必要はないのです。
ただ、現代人のあごは、小さくなっているために親知らずがキチンと生えるスペースがない場合が多いと言われています。

どんな場合に抜いたほうがいいの?

斜めや横倒しに生えている

斜めや横倒しに生えている

親知らずが斜めや横倒しで生えてしまっていると、隙間に歯ブラシが届かず、衛生的な状態を保ちにくくなるため、虫歯になったり周りの歯茎が炎症を起こしたります。また、生え方によっては隣の歯を圧迫して歯並びに影響を与える場合もあります。
このような場合は、抜歯してしまった方が良いと判断されることがあります。

斜めや横倒しに生えている

噛み合う歯がない

上あごの親知らずの場合で、まっすぐに生えていても、その歯と噛み合う歯が存在しない場合は、抜いた方が良いと判断される場合があります。 噛み合う歯がないと歯が下に伸び、かみ合わせたときに歯茎などの周囲の組織を傷つける可能性があります。また、かみ合わせを悪くする可能性もあります。


関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック