歯とお口の健康ガイド
  • トピックス
  • こんなとき、どうする?
  • 歯の知識と治療法
  • よくあるQ&A

親知らずが痛い

親知らず

原因は?

生えてきた親知らずが歯茎を押している

歯茎の下から生えてこようとする時、その歯茎を押す力で痛みを感じることがあります。

まっすぐ生えていない

親知らずが横や斜めに生えてきてしまうと、隣の歯を 押すことになり、痛みを感じることがあります。

噛み合う歯が無い

生えてきた親知らずと噛み合う歯がない場合は、歯が下に伸びて歯茎にあたってしまい、痛みを感じるこ とがあります。

親知らずと歯茎の間に汚れがたまって炎症が起きている

半分顔を出したまま出てこられなくなったり、最初から埋まったままになってしまったりすると、歯と歯茎の間は汚れがたまりやすくなり、炎症が起きて痛みを感じることがあります。

親知らずが虫歯になっている

親知らずは一番奥の歯なのでハミガキがしにくく、虫歯になりやすい傾向があります。

一時的な対処法は?

なぜ痛みを感じているのかは、歯科医院で検査しなければ判断ができません。 まずは、うがいなどで患部を清潔にするようにし、できるだけ早く歯科医院を受診する ようにしましょう。痛み止めを飲んで放置すると状態が悪化する可能性があります。

歯科医院での治療法

炎症を起こしていたり、虫歯になっていたりする場合は、それぞれの治療を行います。

  • 歯周病の治療
  • 虫歯の治療

また、下記のような場合は、抜歯することになります。

  • まっすぐに生えずに痛みの原因になっている
  • 虫歯になっているにもかかわらず、生えている位置が悪く治療が不可能なとき
  • 対にになって噛み合う歯がないとき
  • かみ合わせに悪影響がでているとき
→親知らずの抜歯について詳しくはこちら

親知らずの生え方に問題がなく、特に何か障害がなければ、親知らずは抜く必要はありません。

関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック