歯のトリビア

歯科インプラント(チタン製)の始まりはウサギ?!

歯の妖精とうさぎ

タイトルを読んで、ウサギとインプラントがどう関係するの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。「インプラント」とは、人工の目であったり耳であったり…臓器といわれるものに医学的にいろいろと応用されている、体に埋め込む器具の総称です。
歯科の世界でインプラントと言うと、“歯科用インプラント”といって、失ってしまった永久歯の代わりに使われている“第三の歯”というイメージでしょうか?最近はとてもよく聞く治療法になってきているので、ご存じの方も多いと思います。
大切な歯が事故などで失われてしまった時の選択肢として、入れ歯やブリッジなどの治療方法がありますが、歯科用インプラント治療は、歯の根の代わりになるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着し、噛めるように機能の修復をしたり、見た目の審美性を整えたりします。
今では日本でもインプラント治療を行っている歯科医院はたくさんありますが、ではそのはじまりは?となると、タイトルにもあるようにウサギと関係してくるのです。


その歴史は、1952年スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が発見したある現象から始まります。博士がウサギの体内にチタン製の器具を埋め、後から取り出すという実験をしていたところ、偶然にも骨と器具が強固に結合してしまい外すことができなくなってしまうということがありました。この出来事から、博士は様々な検証や実験を重ね、「チタンが諸条件を満たせば拒否反応もなく骨と強く結合する」と、私たち人間に応用ができるまでに構築していきました。博士はこの方法をオッセオインテグレーション(骨結合)として発表し、これまでたくさんの症例が生まれ、現在のインプラント治療の基礎を作っていきました。
日本においては、このオッセオインテグレーションの技術が応用されたインプラントは1983年に東京歯科大学で開始されたそうです。

インプラント

インプラント治療は歯を失われた方にとっては、その不自由さを軽減してくれるとても便利な治療法になります。ただし、しっかりとした技術と知識が必要な治療法でもあります。もし、インプラント治療をお考えの方は、そのメリット・デメリットなどをきちんと説明してくれる歯科医院を選ぶことをお勧めします。


去る2014年12月20日
ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授がご逝去されました。心からご冥福をお祈りいたします。

関連コンテンツ