歯のトリビア

お歯黒が虫歯予防に?!

お歯黒の女性

皆さんは「お歯黒」ってご存知ですか?なんと、お歯黒の習慣は日本では近代化政策により禁止される明治時代初期まで続けられていた日本女性(既婚者のみ)のむし歯予防方法だったのです。「黒」というのは何色にも染まらないということで女性の貞操を表す意味でも結婚した女性は行っていたそうですが、お口の中で一番硬いと言われているエナメル質は実は染まりにくいため、だんだんと結婚している年月が長くなるとハッキリと黒く染まってきたそうです。

「お歯黒」にはむし歯がほとんどない

頭に墨を塗る

面白いことに、「歯が黒く輝いているほど美人」と言われていたそうです。ことわざにある「明眸皓歯(めいぼうこうし)」白く輝く歯は美人の代名詞とは真逆ですね。お歯黒がむし歯を予防する作用があったというのは、お墓から堀り起こされた「お歯黒」にはむし歯がほとんどなく、むし歯があったとしても死ぬまでそのまま進行していなかったためだそうです。つまりは、むし歯の予防効果・進行抑制・知覚鈍麻の作用が期待もされていたのでしょう。

材料としては、植物のタンニン(渋)と第一鉄の化合物「ふし粉」と酢酸第一鉄「鉄漿水(かねみず)」溶液を混ぜたものをお歯黒筆と房楊枝を交互に使い塗布していたそうです。現代の治療で使われている「サホライド塗布」という治療もこの「フッ化ジアミン銀製剤」をヒントに開発されたもので、日本が欧米より先駆けて予防歯科材料として奈良時代から実践していたもので、今ではセメントにも加えられています。

【補足】

タンニンは歯のタンパク質に作用固定して細菌による溶解を防ぐ効果があり、第一鉄はリン酸カルシウム作用があり耐酸性をあげます。さらに、歯の無機質および有機質が両面から歯質強化をし、かつ表面を緻密な膜で歯を保護します。

関連コンテンツ