歯とお口の健康ガイド

歯科医院で受ける予防処置

科医院で受ける予防処置

予防処置=歯のメインテナンス

皆さん、歯科医院で虫歯の予防処置を受けたことはありますか? "歯の定期健診"がこれにあたります。最近ではメインテナンスともよばれています。 歯が痛くなってから行くのは、残念ながら予防とは言いませんね。 ここでは、歯科医院で受ける予防処置について、ご説明いたします。

虫歯のリスク検査(だ液検査)

虫歯は人それぞれ「なりやすさ」や「なりにくさ」が異なります。だ液検査を受けることによって、だ液の性質や虫歯菌の量などから気をつけるべきポイントがわかります。

3〜6ヶ月ごとの「歯の定期健診」

定期健診は、「メインテナンス」ともいわれます。患者様のお口の状態に応じて、3〜6ケ月ごとに健診を受けます。健診では、下記のような処置がおこなわれます。

  • 虫歯、歯並びのチェック
  • 歯肉、粘膜の状態のチェック
  • 顎関節(顎の関節)のチェック
  • 顎関節(顎の関節)のチェック
  • 正しいみがき方のチェック
  • 歯石の機械的除去
  • 歯面清掃(PMTC:プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)
  • 歯のトリートメント
  • 高濃度のフッ素歯面塗布

虫歯を予防する「フィッシャーシーラント」

生えたばかりの健全な乳歯や永久歯には、歯を削らずに予防的に小窩裂溝(奥歯の溝)を封鎖する方法、フィッシャーシーラントを受けます。

食生活やおやつなどの栄養指導

バランスのとれた食生活を見直し、虫歯の心配のないおやつの選択の仕方を歯科医師や歯科衛生士に相談してください。

日ごろよりかかりつけの歯科医院をもち、定期健診を受けるようにしましょう。
お一人おひとりが自分にあったメインテナンスの方法を知ること、そして一人ひとりに合わせた予防プログラムを組んでくれる歯科医院に定期的に通うことによって、皆さんのお口の健康の状態が左右されるといっても良いでしょう。

ぜひ予防歯科医療が受けられる、定期管理型予防歯科医院(ヘルスプロモーション型予防歯科医院)を探してみてください。

関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック