歯とお口の健康ガイド

年代別虫歯の特徴と予防対策

離乳期

離乳期

特徴

乳歯の虫歯、哺乳瓶虫歯、ランパントカリエス(広範囲の虫歯)

予防対策

規則正しい食生活、間食の回数と種類のコントロール、母親によるブラッシング、フッ素塗布など

関連ページ:「歯の生え始め〜3歳頃のオーラルケア」

幼児期

幼児期

特徴

乳歯の虫歯、哺乳瓶虫歯、ランパントカリエス(広範囲の虫歯)

予防対策

規則正しい食生活、間食の回数と種類のコントロール、保護者によるブラッシング(歯磨き)、フッ素塗布、定期健診など

関連ページ:「保護者磨きについて」
関連ページ:「3歳〜6歳頃のオーラルケア」

学童期

学童期

特徴

永久歯、特に第一大臼歯の虫歯の多発

予防対策

規則正しい食生活、間食の回数と種類のコントロール、フッ素塗布、ブラッシング、シーラント、定期健診など

関連ページ:「小児歯科へ行ってみよう」
関連ページ:「6歳〜12歳頃のオーラルケア」

青年期

青年期

特徴

学童期に治療した虫歯の二次的な虫歯や根の先の病巣

予防対策

ブラッシング、PMTC、定期健診

関連ページ:「12歳頃から中高生のオーラルケア」
関連ページ:「PMTCとは」

中・老年期

中・老年期

特徴

二次的な虫歯、根面の虫歯、入れ歯のバネがかかっている歯の虫歯、抜去歯の増加

特徴

ブラッシング、PMTC、定期健診

関連ページ:「PMTCとは」
関連ページ:「歯科の節目健診を受けて歯周病を予防しましょう」

関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック