歯とお口の健康ガイド

詰め物(インレー)について

詰め物(イラストは金属製)

歯の治療の詰め物(インレー)って?

神経が残せる程度の比較的小さな範囲の虫歯の治療の際に使われる詰め物のことを、「インレー」といいます。
このインレーには、金属製のものと、レジン(プラスチック)やセラミックで作られたものがあり、保険診療と自費診療によって使われる材料が異なります。

保険診療の詰め物(インレー)

メタルインレー

メタルインレー

銀色の金属製の詰め物で、おもに奥歯の治療で使用します。金属の材料は、ほとんどの場合「金銀パラジウム合金」です。
強度が強いので、奥歯など強い力がかかる部位に向いています。 ただし、時間が経つと金属が溶けだし、歯茎の変色を起こす可能性があります。また、金属アレルギーの方には 向きません。

レジン充填

レジン充填

コンポジットレジンという歯科用のプラスチック(合成樹脂)の詰め物です。
虫歯治療だけでなく、歯がかけた場合の修復などにも使われます。 天然の歯の色に似ているので見た目が良いですし、金属 アレルギーの方にも向いています。 ただし、年数が経つと変色します。また、強度はないので、かみ合わせが強いと欠けたり割れたりする可能性があります。

見た目が美しい自費診療の詰め物(インレー)

セラミックインレー

セラミックインレー

100%セラミック(陶器)製の詰め物です。 見た目は天然歯と同様に白く、透明度が高いのが特徴。年数が経っても変色することなく、美しい光沢が持続します。また、歯垢が付着しにくいという特徴もあります。
ただ、とても硬い素材であるがゆえに柔軟性はなく、衝撃などで欠けてしまうこともあります。

関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック