歯とお口の健康ガイド

歯ぎしり

歯ぎしり

無意識に上下の歯を噛みしめることを「歯ぎしり」(ブラキシズム)といいます。
朝起きたときや、仕事や勉強などなにかに集中していた後、「あごがだるいなぁ」と感じることはありませんか?
もし心当たりがある場合は、気付かないうちに歯ぎしりをしている可能性があります。

歯ぎしりにはこんな症状があります

歯ぎしりにはこんな症状があります。

  • ギリギリ音を立てて強く歯をすり合わせる(グライディング)
  • 上下の歯をぐっと強く食いしばる(クレンチング)
  • 上下の歯をカチカチと続けて早くかみ合わせる(タッピング)

歯ぎしりの原因と対策

歯ぎしりは、噛み合わせの問題か精神的ストレスが大きな原因とされています。かみ合わせの問題の場合は、主に下記の治療を行います。

  • かみ合わせる時に、他の歯よりも一瞬早く接触する歯を削る
  • かみ合わせが適切でない被せ物を作り直す
  • 矯正治療でかみ合わせを改善する

上記の治療とあわせて、歯への負担を軽減させるためにマウスピースを装着することもあります。

歯がすり減っていたり、被せ物が割れていたり、顎に痛みやだるさを感じるようであれば、早急に歯科医院を受診しましょう。
また、インプラント治療を受けた方で、歯ぎしりを自覚している方も早急に歯科医師に相談してください。インプラントが抜け落ちてしまう可能性があります。
枕の高さがあっていないことが歯ぎしりが起こることもあるので、歯ぎしりが気になる方は、寝具を見直してみるのも良いでしょう。

関連コンテンツ


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック