審美歯科とは
歯のクリーニング
歯のホワイトニング
ラミネートベニアとセラミッククラウン
歯肉のホワイトニング

ホワイトニングについて ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
複合ホワイトニング ホワイトニングの流れ ホワイトニングの注意点

 
  ホワイトニングは、歯を削らずに白くする治療方法で、ブリーチングとも呼ばれています。
元々歯の色が黄色っぽい方や、体質により変色してしまった歯を、薬剤で化学的に白くします。 自宅で行うホームホワイトニングと、医院で行うオフィスホワイトニングの二種類があります。
Before   After

※治療の効果は症状により個人差があります。
 
 

 
 
歯科医院で自分の歯形に合ったマウストレー(ごく薄いマウスピースのようなもの)を作成し、あとは自宅でホワイトニングを行います。薬剤によって一回あたりのホワイトニング時間は異なりますが、夜間寝ている間に行うものや、2時間ほどで済むものもあります。マウストレーに薬剤のジェルを流し込み、装着します。
希望する歯の白さによってまちまちですが、だいたい2週間ほど毎日行えば白くなります。
徐々に白くしていくので、色味の調節ができます。
 
 

 
 
自宅で行うホームホワイトニングに対し、オフィスホワイトニングはクリニックで行います。ホームホワイトニングで使う薬剤よりやや強めのものを使い、さらに効果を出すためにレーザーを当てて薬剤を活性化させます。
レーザーを当てている間は少し温かみを感じる程度で、痛みはありません。
治療は1回〜2回の通院でかなり白くなります。
短時間で白くしたい方や、より白くしたい方向きの治療方法です。
 
 

 
  歯の変色が激しい方や際立った白さを希望される場合は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用がお勧めです。モデルやタレントのような白さになるには複合ホワイトニングです。
 
 

 
 
虫歯の有無や歯の状態をチェックしホワイトニングが適しているか診断します。
治療の説明とシェードガイドという歯の色見本を使いながら、どの程度白くするか相談します。
ホワイトニングの効果を引き出すため、ホワイトニングの前に虫歯治療や歯のクリーニングを行います。

歯形に合ったマウストレーを作成します。ホワイトニング剤の説明、使用方法の説明を受けます。 クリニックで1-2回行います。
 
自宅で空いている時間にホワイトニングを行います。  
 
 

 
  ホワイトニング直後は、色素が再沈着しやすい状態になっています。
コーヒー、お茶、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーライス、タバコなどは色がつきやすいので、ホワイトニングをしてから24時間以内は控えましょう。

ホワイトニングを行って効果があるのは、神経の生きている天然の歯だけです。 神経を抜いた歯をきれいにするにはラミネートベニアなどの別の治療方法が効果的です。また、既に削って詰め物をしている部分を白くするには、セラミックを使って作り直す必要があります。
 
 

資料提供:デンタルオフィスモリ

もっと詳しく審美歯科について知りたい方や、審美歯科治療を行っている医院をお探しの方は、 姉妹サイトの「審美歯科ネット」をご利用ください。
 

 



歯医者さんネット TOP