表参道矯正歯科



矯正治療とは
不正咬合の分類
矯正装置の種類
治療の流れ

 
 
正中離開(せいちゅうりかい)  
前歯の間に隙間のあるもので、いわゆる「すきっ歯」です。正中埋伏過剰歯によるものと、上唇小帯(上唇の裏側にあるスジ)の発育異常による場合があります。
前歯叢生(ぜんしそうせい)  
歯が数本にわたり、ななめにはえていたり、前後にずれてはえている状態で、一般に「らんぐい歯」の一種です。

犬歯の低位唇側転位  
犬歯のはえるスペースが足りない場合に起こります。いわゆる「八重歯」です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)  
下の顎の位置がが上の顎の位置より後ろに下がった状態のかみ合わせです。いわゆる「出っ歯」です。日本人に多く、口呼吸と関係のあるものもあります。

下顎前突(かがくぜんとつ)  
下顎の位置が前にあるもので、一般に「反対咬合」「受け口」といわれますが、上顎と下顎の位置関係をいうのであって必ずしも反対咬合とは限りません。
反対咬合(はんたいこうごう)  
まれに、全部の歯のかみ合わせが反対になっているものもあります。軽度のものでは切端咬合(せったんこうごう)といいます。

 
 

矯正歯科ネット もっと詳しく矯正歯科について知りたい方や、矯正歯科治療を行っている医院をお探しの方は、 姉妹サイトの「矯正歯科ネット」をご利用ください。
 
矯正治療とは|不正咬合の分類|矯正装置の種類治療の流れ

 



歯医者さんネット TOP