歯が欠けた時の対処法

欠けた前歯

ごく小さい範囲で歯が欠けてしまい、そのままの状態で放っている方はいらっしゃいませんか?ここでは、欠けた歯を放置していた場合のリスクや、程度による症状と治療法などについてご紹介します。

欠けた歯を放置していた場合のリスク

歯の一部が欠けたまま、放置をしてしまうと、次のようなリスクが考えられます。

  • 欠けた部分が拡大する
    食事中、硬い食べ物が歯に当たったことにより、欠けた部分がさらに大きくなることも考えられます。
  • 虫歯になりやすい
    欠けた部分に歯ブラシをあてることが難しく、汚れが溜まりやすくなるため、虫歯になりやすいことが考えられます。
  • ケガの原因となる
    欠けた部分によって、唇や、舌、粘膜などを傷つけてしまうことが考えられます。

歯が欠けた程度による症状と治療法 《歯の神経が生きている場合》

エナメル質だけが欠けた場合エナメル質だけが欠けた場合】
症状:ないことが多い

■主な治療法
【保険治療の場合】
レジン充填(プラスチックを部分的に詰める方法)
【自費治療の場合】
ダイレクトボンディング(欠けた部分にハイブリッドセラミックを詰めます)
ラミネートベニア(歯の表面を薄く削って歯型を取り、セラミックやハイブリッドセラミックでできた薄片(つけ爪のようなもの)を作製して貼り付ける方法。お口の状態によっては治療が難しいこともある。)

象牙質まで欠けている場合象牙質にまで達した場合】
症状:冷たい物を食べると、しみたり痛んだりすることが多くあります。神経の近くにまで達している場合は、熱い物を食べると、しみたり痛んだりするなどの症状を起こすことがあります。

■主な治療法1
冷たい物を食べると一時的にしみたり痛んだりする場合、神経への刺激を遮断する薬を塗った後に、次のような治療を行います。
【保険治療の場合】
・レジン充填
・奥歯で欠けた範囲によっては、銀歯の詰め物を付けることもある。
【自費治療の場合】
・ダイレクトボンディング
・ラミネートベニア
・奥歯で欠けた範囲によっては、セラミックの詰め物を付けることもある。
■主な治療法2
痛みの程度が強い場合 根管治療(歯の神経を取り除いて薬を詰める)で症状が落ちついたら、土台を入れた後に、次のような治療を行います。
【保険治療の場合】
前歯なら硬質レジン前装クラウン、奥歯なら銀歯などの補綴物を被せます。
【自費治療の場合】
オールセラミックや、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなどの被せ物を被せます。

歯が欠けた程度による症状と治療法 《歯の神経がない・死んでいる場合》

歯の神経がない歯が欠けている場合【過去に歯の神経を抜いた、または、外傷によって歯の神経が死んでいる場合】
症状:ないことが多い

■主な治療法
【過去に歯の神経を抜いた場合】
歯髄を除去した歯は、その内壁が薄くなることが多く、歯が割れやすい傾向にあります。このような歯が欠けてしまった場合は、「象牙質にまで達した場合の“痛みの程度が強い場合”」と同様の治療が主に行われます。
【外傷によって歯の神経が死んでいる場合】
お口の状態によって、「エナメル質だけが欠けた場合」、または「象牙質にまで達した場合の“痛みの程度が強い場合”」のどちらかの治療が多く行われます。診断を受けてご相談ください。

欠けた状態によっては1〜2回で治療が終わることもあります。症状が悪化すると、治療期間が長くなる傾向にあるため、なるべく早めに歯科医院へ受診された方がよいでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック