子どもと虫歯の付き合い方 〜小学生編〜

小学生の子供

小学生になると歯の生え変わりが始まります。歯の生え変わりは虫歯になりやすい傾向にあるので、歯の状態をきちんと把握して、虫歯にならないように注意を払う必要があります。ここでは、小学生のお子さんの歯を虫歯から守るポイントをご紹介します。

小学生の歯の特徴

乳歯は、小学生になった6〜7歳頃から永久歯へ生え変わり始めます。この時、乳歯と永久歯が混在する「混合歯列期」を迎えます。混合歯列期は、歯の高さにバラツキがみられたり、生えたての歯の上に歯茎が被さっていたりしていて、ブラッシングが難しく、お口の中に汚れが溜まりやすくなります。また、生えたばかりの永久歯は、未熟で酸に弱い特徴があります。永久歯が生えてから2〜3年は虫歯になりやすいので注意する必要があります。乳歯に虫歯があると、生え替わりがスムーズに行われず不正咬合になってしまうこともあります。

永久歯が生える時期

生えかわりの順番や時期は個人差がありますが、下記の時期に左右対称に生え変わっていきます。

呼称
永久歯の名称
上あご
下あご
1 中切歯[ちゅうせっし] 7〜8歳 6〜7歳
2 側切歯[そくせっし] 8〜9歳 7〜8歳
3 犬歯 11〜12歳 9〜10歳
4 第一小臼歯 10〜11歳 10〜12歳
5 第二小臼歯 10〜12歳 11〜12歳
6 第一大臼歯 6〜7歳 6〜7歳
7 第二大臼歯 12〜13歳 11〜13歳
8 第三大臼歯(親知らず) 17〜21歳 17〜21歳
歯の生え変わりの時期

この時期に注意すること

  • 低学年の頃は、手先の器用さに欠けるため、大人が仕上げ磨きをしましょう。
  • 乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきた場合は、歯科を受診しましょう。乳歯が残ったままの状態で放っておくと、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすこともあります。
  • 左右対称で生えかわらない場合は、歯科を受診しましょう。
    【例】上あご右の側切歯が生え変ったのに、上あご左の側切歯が6ヶ月以上経っても生え変らない

矯正をはじめる時期

子供の矯正子供の頃から矯正を始めると、あごの成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるため、良好な治療結果を期待できるといわれています。小児矯正は開始する時期の違いによって1期治療と2期治療に分けられます。

1期治療(骨格矯正)
乳歯列期、または混合歯列期に行う治療で、早期治療ともいいます。主にあごの骨のバランスを整えます。
2期治療(歯列矯正)
永久歯列が生え揃った後に行う治療で、本格矯正治療ともいいます。主に歯並びや噛み合わせを整えます。

小児矯正は、歯並びや噛み合わせ、骨格などによって、最適な治療開始時期が異なります。お子様の歯並びや噛み合わせなどについて気になることがあれば、早めに矯正治療を行う歯科でご相談されることをお勧めします。

混合歯列期は、歯並びや噛み合わせがめまぐるしく変わる時期でもあり、永久歯の歯並びや噛み合わせの基礎となる重要な時期でもあります。定期的に歯科で検診を受けたり、正しいブラッシング方法を習ったりして、お口の健康を保つようにしましょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック