歯根嚢胞 [ しこんのうほう ] とは

歯根嚢胞

身体の中に作られた液状内容物を含む袋状のものを嚢胞[のうほう]と呼び、歯の根っこの先端部分にできた嚢胞のことを歯根嚢胞といいます。これは、細菌感染や、物理的、科学的などの刺激が加わったことによって、歯の中にある神経や血管(歯髄)が壊死した歯(失活歯)や、過去に歯髄を除去した歯(根管治療を受けた無髄歯)に起こります。歯髄が走行している部分を根管と呼びますが、根管内に何らかの理由で感染が起こると、根の先端を通じて顎の骨に膿がたまります。炎症が強く嚢胞が大きくなると、歯の周りの顎の骨を大きく溶かすこともある病気です。

適切な治療方法は、診断によって異なりますでの、下記に症状や、主に行われる治療をご紹介いたしますが、詳しくは歯科医師と相談しましょう。

歯根嚢胞の症状について

初期
慢性状態であれば痛みなどの自覚症状がないため、レントゲン撮影をしなければ気付かないことも多くあります。
二次感染
二次感染が起こった場合は、痛みや、腫れ、咬合痛(咬むと痛い)、歯茎に瘻孔[ろうこう](膿の出口)をつくるなどの症状が現れます。そのまま治療を受けずにいると歯根嚢胞が大きくなってしまい、顎の骨が溶ける、顎の骨の膨隆、歯の根っこが溶ける、歯の動揺、上顎なら鼻閉や眼球圧迫、下顎では骨折などのいずれかの症状が現れることもあります。

治療法1 歯内治療(根管治療)

根管治療によって、治療する方法です。

歯や、被せ物、詰め物などを削って、根管内から清掃、洗浄、消毒を行います。根管治療によって痛みや炎症などが治まったら、根管に薬剤を詰めて被せ物や詰め物を入れることができ、再び歯の機能を取り戻すことができます。嚢胞が小さい場合に行われる治療です。

治療法2 嚢胞摘出術

歯根嚢胞を取り除く治療法です。

痛み止めの麻酔の注射をして、嚢胞付近の歯茎を切り開いて顎の骨を削ります。歯根嚢胞を取り除き、切り開いた歯茎を糸で縫います。歯根端切除術と同時に行われることの多い治療です。

治療法3 歯根端切除術

歯根嚢胞と歯根の先端を取り除く治療法です。

痛み止めの麻酔の注射をして、嚢胞付近の歯茎を切り開いて顎の骨を削り、歯根嚢胞と歯根の先端を取り除きます。状態によっては、歯根の切断面に歯科専用の材料を詰めることもあります。その後、切り開いた歯茎を糸で縫います。歯根端切除術は、被せ物や詰め物が除去できない、または根管の形状が複雑などの理由で、歯内治療が難しい場合に行われます。また、歯内治療だけでは炎症が治まることがない場合に併用されることもあります。

治療法4 嚢胞開窓術

嚢胞の一部を切って膿を出す治療法です。

痛み止めの麻酔の注射をして、嚢胞付近の歯茎を切り開いて顎の骨を削ります。嚢胞の一部を切って膿を出して、一部だけを糸で縫って傷口が開いた状態にします。傷口が治る過程を利用して、嚢胞の周りに新しい骨ができ嚢胞が小さくなることを期待しています。嚢胞開窓術は、残した嚢胞の悪性化や再発の可能性があるため、適用されることの少ない治療です。

治療ができない場合 抜歯

治療ができない場合は抜歯となります。

炎症が大きく、どの方法を用いても歯を残すことが難しい場合は抜歯となります。

症状やお身体の状態によっては、十分な医療設備が必要となり、一般の歯科医院や口腔外科では治療が受けられないこともあります。その場合は、口腔外科のある総合病院、または大学病院での治療となります。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック