歯の定期検診(デンタルドック)では何をするの?

歯の定期検診(デンタルドック)を受けましょう

毎日歯を磨いているのに、虫歯歯周病になってしまったことはありませんか?痛みや腫れなどの自覚症状が出た時には状態が悪化していることが多く、治療の時間や費用がかかりがちです。また、歯周病は、糖尿病や動脈硬化など全身の病気の原因となったり、症状を悪化させたりするといわれており、お口の健康を守ることは、お身体の健康管理のうえでも大切であるといえます。

全身の健康状態をみる「人間ドック」のように、歯科にもお口の健康状態をみる「定期検査」や「デンタル(歯科)ドック」があります。ここでは、歯科で行う定期検診の必要性や検査内容、費用などについてご紹介します。

歯の定期検診(デンタルドック)の必要性

お口の状態を把握 歯の定期検診(デンタルドック)では、色々な検査によって定期的に情報を収集することで、現在のお口の状態を把握し、適切な予防策や治療方法の提案を受けることができます。虫歯や、歯周病、口腔がん、その他の疾患などの早期発見や、将来的なリスクを予測することができ、お口の健康の維持・増進に役立ちます。特に、口腔がんは、自覚症状がなく進行することが多いとされていますが、身体の中にできるがんとは違って、視診や触診で確認することができます。健やかな毎日を過ごすために、早期発見のための環境づくりは重要といえるでしょう。

歯の定期検診(デンタルドック)の検査項目

実施される主な検査項目の内容についてご紹介します。なお、歯科医院によって実施される項目が異なりますので、参考程度にご覧いただき、詳しくは受診を希望される歯科医院へお問い合わせください。なお、一般的な歯科検診で行われることがほとんどない、より精密な検査が行われることもあります。このような検査は、保険適応外であることが多く、費用負担が大きくなってしまいますが、より多角的な診断を受けることができます。

【一般的な検査】

CHECK1 - お口の中の確認

歯や、歯茎、粘膜、噛み合わせ、歯並び、顎関節、咀嚼筋などの状態について、肉眼で確認や検査を行います。

レントゲン撮影
CHECK2 - レントゲン撮影

レントゲン撮影は、歯や顎の骨の中や、顎関節、過去に治療した歯の状態など、肉眼では見えない部分を確認するために行います。一般的な検査では、2次元画像(平面)でお口全体の総覧像を確認できる「パノラマ」や、2〜3歯ずつその周囲組織を詳しく確認できる「デンタル」を撮影します。

CHECK3 - お口の写真撮影

現在の状態を記録するために行います。

歯の模型
CHECK4 - 歯の模型

歯型をとって石膏模型で再現し、噛み合わせ、歯の大きさ、歯の位置、歯茎の状態、顎関節の状態などを記録します。

【より精密な検査】

  • 歯科用CT撮影
3次元の立体画像や断面図などあらゆる角度から確認できる「歯科用CT」でお口の中を撮影します。
  • 唾液の検査
細菌の数や唾液の量を調べます。
  • 口臭測定
口臭を測定し数値化します。
  • 噛む力やお口の周りの筋力の測定
噛む力の測定や、お口のまわりの筋肉(口輪筋)の強さを測定します。

歯の定期検診(デンタルドック)はどこで受けられるの?

定期検診(またはデンタルドック)は、歯科医院や、歯科のある総合病院・大学病院などで行われています。また、自治体によっては、保健センターや指定歯科医療機関で受けられるところもありますので、詳しくは、自治体のホームページや発行している新聞や冊子でご確認ください。なお、定期検診(またはデンタルドック)は、予約受付となっているところが多いようですので、あらかじめ連絡をいれておいた方がよいでしょう。

歯の定期検診(デンタルドック)の費用

保険適用になるか保険適応外になるかは歯科医院によって異なり、なかにはどちらの治療を受けるか選択できるところもあります。また、実施される検査内容は歯科医院ごとに違い、検査項目を選択できるところもあり、費用設定には差があります。詳しくは、受診される歯科医院に問い合わせましょう。

【費用の相場】
  • 保険適応の場合 … 3,000〜5,000円
  • 保険適応外の場合 … 20,000〜30,000円

お口の健康を気にかけていても、きちんと管理にできているのか不安に思うこともあるでしょう。定期検診(デンタルドック)を利用して、お口の健康管理を改めて考えてみませんか?


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック