デンタルリンスを効果的に使用するために

マウスウォッシュ現在、デンタルリンス(マウスウオッシュ、デンタルウォッシュなど)は、様々なものが販売されています。どのように使い分けたらよいかわからないという方に、デンタルリンスの種類と特長、使用方法などをご紹介しますので、目的によって上手に使い分けましょう。

「洗口液」と「液体歯磨き」の特長と使用方法

デンタルリンスには、「洗口液」と呼ばれるものと「液体歯磨き」と呼ばれるものがあります。

マウスウォッシュの使用方法

洗口液とは?

【こんな場合におすすめ】

  • どうしても歯を磨く時間が無い場合
  • 自分自身で上手に磨くことができない場合
  • 就寝前

【特長】
口臭の防止やお口の中の浄化が期待できます。寝ている間は、唾液の分泌が少なくなることにより、細菌が繁殖しやすい環境になるので、就寝前の使用も効果的です。虫歯歯周病の原因となる歯垢は、ブラッシングやフロッシングなどで、機械的にこすらなければ落ちませんので、お口の掃除の補助として考えましょう。

【使用方法】
20〜30秒間ブクブクうがいをするだけです。歯磨きをした後の仕上げとして使用してもよいでしょう。

液体歯磨きとは?

【特長】
液体歯磨きは、歯磨きの際に一般的に使われる「(練り)歯磨き粉」に配合されている研磨剤が含まれていませんので、歯面を傷つけることなくブラッシングすることができます。しかし、タバコのヤニや、コーヒーやワインなどにより、歯の表面が着色しやすくなることがありますので、その際は、「(練り)歯磨き粉」を使用するか、歯科でクリーニングを受けましょう。

【使用方法】
お口に含んで20〜30秒間ブクブクうがいをした後、ブラッシングを行い、水でお口をすすぎます。

「洗口液」なのか「液体歯磨き」なのか見分けがつかない場合は、成分表示の近くに商品区分が表記されていることがありますので、商品の裏側を確認してみましょう。記載がない場合は使用方法で判断しましょう。

デンタルリンスの選び方

市販されているデンタルリンスには様々な種類のものが販売されていますが、含まれる成分も参考にして選びましょう。

■薬用成分を含むデンタルリンス
デンタルリンスには薬用成分を含まない「化粧品」と、薬用成分を含む「医薬部外品」があります。これらは効果に画然とした違いがあるわけではないため、目的に合ったものの中で、爽快感や味などの好みによって決めるとよいでしょう。

■アルコールを含むデンタルリンス
デンタルリンスにはアルコール含むものがあります。爽快感を求める方には適していますが、下記の恐れがある方はアルコールを含まないものを使用しましょう。

  • お口が荒れる(主に刺激に敏感な方が使用される場合)
  • お口の中がより乾燥する(主に唾液の出にくい方が使用される場合)

デンタルリンスのリスク

健康なときは問題ありませんが、何らかの理由で免疫力が低下しているときに、デンタルリンスの使いすぎると、菌交代現象(※)により、、口腔カンジダ症を起こすことが考えられます。使用していて、お口の粘膜や舌に違和感があったら、歯科医師に相談しましょう。

※菌交代現象とは
薬の作用(抗生物質や化学療法など)により、本来であれば病原性を持たないお口の中の細菌が増殖してしまい、病原性を持つようになること。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック