歯科衛生士さんに質問してみましょう!

歯科治療中にちょっとした疑問や相談があるけれど、「忙しそうな歯科医師を見ているとなかなか質問ができない」と思っている方は、一度、歯科衛生士さんに質問をしてみましょう。

歯科衛生士とは?

歯科衛生士歯科医院で、治療のお手伝いをしているのは、主に歯科衛生士と歯科助手です(総合病院では、看護士や研修中の歯科医師が行うこともあります)。 歯科衛生士は、歯科に必要な知識と技術を3年以上学び、国家試験に合格した者が取得できる資格です。 一方で、治療の準備や受付などの業務を中心に行っているのが歯科助手です。資格は特に必要とされていません。

費用についての疑問は、歯科助手でも、歯科医院で働くスタッフならば誰でも回答できることがほとんどですが、治療についての疑問は、専門的な知識をもつ歯科衛生士に尋ねてみるとよいでしょう。歯科医師の診断や治療計画の内容も、より分かりやすく補足して説明してくれることでしょう。(あくまでも補足だけで、診断や治療計画の説明は歯科医師の業務になります。)

【豆知識:歯科衛生士の見分け方】

歯科衛生士かどうか見ただけでは分からない時がありますね。その場合には、業務内容でも判断することができます。歯科衛生士は、歯科医師の指示のもとに一部の診療を担当することができ、歯茎の検査や、歯石の除去、薬物塗付(虫歯予防や虫歯の進行を止める薬)、ブラッシングと食生活の指導などの治療行為が許されています。簡単に言うと、患者様のお口の中を触ることが歯科医師の次に多いのが、歯科衛生士になります。

歯科衛生士に質問しよう!

歯科治療中に、下記のようなことで困ったり、疑問を感じたら、歯科衛生士に聞いてみましょう。

【治療を始める前】
  • 治療内容の疑問や不安に思うこと
  • 補綴物(人工歯、ブリッジ、入れ歯)の種類や特長
  • 治療後に補綴物が割れるなどの問題が起きた場合の費用
  • 治療中の見た目(仮歯の有無など)
  • 治療費の総額や支払い方法
  • 治療回数、または期間
【治療中・治療後】
  • 治療費の総額や支払い方法
  • 治療回数、または期間

ご存知ですか?日本歯周病学会認定歯科衛生士

日本歯周病学会認定歯科衛生士 日本歯周病学会認定歯科衛生士とは、特定非営利活動法人日本歯周病学会が、歯周病治療の知識や経験を持つものとして認めた歯科衛生士に交付する資格認定制度です。この試験を受けるためには、5年間治療に携わっていることや、定期的に学会の講習に参加するなどの審査と試験を経て、合格した歯科衛生士に交付されます。
このことからこの資格は、歯周病治療の確かな知識を持ち、適切な治療やメインテナンスが行える歯科衛生士であることを見極める一つの指標となるでしょう。
通院している歯科医院に日本歯周病学会認定歯科衛生士がいれば、歯周病にまつわる疑問や悩みを相談してみましょう。

患者様の疑問や不安を取り除き、患者様と歯科医師との橋渡しをしてくれることも歯科衛生士の役目の一つです。歯科医師に聞きにくい場合は、歯科衛生士に質問をするようにし、不安を抱えないようにして治療を進めましょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック