歯周病の治療と予防

歯科衛生士による問診
▲問診

歯周病治療を始まる前に、まずは歯周病の進行度を調べるために、歯周ポケットの深さや出血の有無を測定します。この他、問診や噛み合わせのチェック、レントゲン撮影を行った上で、いよいよ治療を行います。ここでは、歯周病治療の内容と予防法についてご紹介します。

ブラッシング方法と食生活の見直し

歯科衛生士によるブラッシング指導
▲ブラッシング指導

歯周疾患の多くの原因はプラーク中に含まれる歯周病菌です。歯科医師や歯科衛生士から適切なブラッシング方法と食生活の改善などの指導を受けて、新たなプラークの付着を防ぐことが重要となります。

また、適切なブラッシングは、歯茎の炎症を減少させるだけでなく、腫れた歯茎が引き締まって歯石の除去が効果的に行えるようになります。

歯石の除去

歯石除去
▲歯石除去

機械や器具を使用して歯に付いた歯石を除去します。歯石を取り除くと、歯石の表面や内部に繁殖した歯周病菌を減らすことができ、さらに歯茎が引き締まって治りやすくなります。歯根部分に深く歯石が付いている場合は、痛み止めの麻酔の注射をして歯茎を切り開き、歯石をとったり、腫れた歯茎を切って整えたりする処置を受けることもあります。

■重度の歯周炎が治療により改善した場合
歯茎が引き締まったことで歯茎の位置が下がり、今までよりも歯が長い印象になることがあり、状態によっては歯周組織を再生する処置を受けられることもあります。

■歯髄(神経や血管)のある歯の歯石を取った場合
刺激によって歯根部分がしみたり、痛んだりすることがあります。その際は、しみることを防ぐお薬の塗布や、歯髄を取る根管治療などの処置を受けることになります。

その他の症状に応じた治療

■虫歯や、古くなった詰め物、または被せ物がある場合
プラークが溜まりやすい環境や除去しにくい因子となり、炎症が治まらなかったり、再発しやすくなったりしますので、それぞれ適切な処置を行います。
■歯のぐらつきが大きい場合

複数の歯を歯科用のボンドなどで固定し、歯周組織や周囲の歯への負担を軽減させることがあります。
■噛み合わせに問題がある場合

噛み合わせのチェックや調整を行います。
■全身疾患が関与している場合
内科と連携して治療を行うこともあります。
■喫煙をしている場合
歯周炎の進行促進や、歯茎の治癒を妨げる原因となりますので、禁煙指導を受けることがあります。
■治療を行っても歯を残すことが難しい場合

抜歯を行います。

上記のような治療が終わった後も、歯周病は容易に再発することがあります。治療後の状態を保つために、定期的な検診やメインテナンスを受け続けることが望ましいでしょう。

自分でできる歯周病予防

プラークコントロール

このような歯周疾患を防ぐためには、原因となるプラークや細菌を取り除く「プラークコントロール」が重要となります。

<プラークコントロールとは>
プラークコントロールの基本は、毎日のブラッシングです。歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しがあると、それをエサにお口の中の細菌が増殖し、24時間後にはプラークが作られます。プラークが作られると、それから4〜8時間後には一部が石灰化し始め、12日後で約60〜90%が石灰化するといわれています。歯石が作られる割合や石灰化に要する時間は個人差がありますが、一度プラークが作られてしまうと急速に石灰化することもあります。歯石になってしまうと歯科医院での治療が必要となってしまいますので、適切なブラッシングで新たなプラークの付着を防ぎましょう。

併せて、生活習慣の見直しを行い、健康状態を整えることも大切です。適切なブラッシング方法や生活習慣の注意点などは、お口やお身体の状態によって異なりますので、歯科医師や衛生士から指導やアドバイスを受けて行うとよいでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック