知覚過敏(象牙質知覚過敏症)の治療

知覚過敏の原因と対策

知覚過敏ってなに?

冷たいものを口に含んだ時や歯磨きの時などに、「歯がしみる」というような一過性の(短時間で消える)痛みが出ることがあります。この場合、原因の一つとして考えられるのが『知覚過敏(象牙質知覚過敏症)』です。このような症状をお持ちの方の多くに、歯頚部[しけいぶ](歯と歯茎の境目)が欠けている「楔状(きつじょう、またはくさびじょう)欠損」や、噛み合わせ部分のすり減りなどが見られる傾向にあります。

虫歯が原因でも似たような症状が起こることがありますので、歯に痛みが出たら歯科医院で受診することをお勧めします。

知覚過敏の原因

知覚過敏の主な原因は、何らかの原因で歯の表面を覆う「エナメル質」や、歯の根っこの表面を覆う「セメント質」の一部が欠けて(または削れて)それらの内側にある「象牙質」が露出してしまうことにあります。そこに飲食物や胃酸による刺激や、不適切なブラッシングによる刺激などが歯髄(歯の中にある神経)に伝わり、「歯がしみる」という症状が起こります。 また、過度のホワイトニングや、虫歯歯周病の治療の後に、歯に加わった刺激によって知覚過敏の症状が出ることもあります。このようなケースのほとんどは時間が経つことによって症状が治まりますが、症状が強い場合は歯髄を取る処置が必要となることもあります。

知覚過敏の原因

知覚過敏の症状は、体調によって症状が出たり、出なかったりすることもあります。時々しみるようなことがあれば、症状が悪化する前に、お近くの歯科でご相談されることをお勧めします。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック