初期虫歯の治療

初期虫歯[ C1 ]は、歯の表面のエナメル質が溶け出して穴が開いている状態で、再石灰化が見込めない虫歯のことです。ほとんど痛みがなく、あっても多少しみる程度です。

治療の流れ

初期虫歯 治療回数:1回

1. 視診・触診・打診・エックス線で歯やその周りの状態の診断を行う
2. 虫歯を削る
3. 削った部分に接着剤を塗る
4.
歯と同じ色合いの詰め物を入れる
5. 表面を磨いて形を整え、噛み合わせを調整する

6. 定期健診

詰め物の種類と特長

初期虫歯で使用される詰め物の材料は下記のようなものがあります。

■保険診療で使用される材料 : <コンポジットレジン
【素材】
プラスチック
【メリット】
  • 歯と同じ色合いが再現できる
  • 費用の自己負担額が少ない
【デメリット】
  • 食べ物の色素やプラークが付きやすい
  • 割れることがある
■自由診療で使用される材料 : <セラミック
【素材】
陶材(=ポーセレン
【メリット】
  • 変色することがほとんどない
  • 艶があり、自分の歯のような色調を最も再現することができる
【デメリット】
  • 素材が硬いため、割れる可能性が高い
  • 費用の負担が大きい


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック