冷たいものや熱いものがしみる時の歯の状態

歯髄

生活歯に起こる症状

冷たいものや熱いものを飲食した際に、歯がしみることがあります。歯の中には神経と血管があり、この部分を歯髄と呼びます。歯が痛む、しみるなどの症状は、歯髄が生きている歯(生活歯)にみられ、歯髄を取り除いた歯(無髄歯)に起こることはほとんどありません。何故このような症状が現れるのか、その原因についてご紹介します。

冷たいものがしみる場合

画像

象牙質に加わった温度刺激が歯髄まで伝わり、症状が現れていることが考えられます。原因としては、虫歯、象牙質の露出、歯科治療後の刺激などが考えられます。

【虫歯】
虫歯が象牙質まで達したことによって起こることがあります。
【象牙質の露出】
何らかの原因で歯の表面を覆う「エナメル質」や、歯の根っこの表面を覆う「セメント質」の一部が欠けて(または削れて)、それらの内側にある「象牙質」が露出したことによって起こることがあります。
【歯科治療後の刺激】
深い虫歯や重度の歯周病の治療後、過度のホワイトニングなどで象牙質に刺激が加わったことによって起こることがあります。

【矯正治療】
矯正治療を行った場合に、かみ合わせが一時的に悪くなることで歯に過度の負担がかかり、象牙質に刺激が加わって強くしみることがある。

このような場合、しみる原因となっているものを除去、または歯科材料でカバーすることで、症状が抑えられることがあります。それでも改善しない場合は、歯髄を取り除いて根管治療を受けることになるでしょう。

熱いものがしみる場合

歯髄、またはその近くまで刺激が加わったことにより、歯髄が炎症を起こしたり、化膿したりして、症状が現れていることが考えられます。原因としては、歯髄炎根尖性歯周炎、根管治療後の残髄などが考えられます。

【歯髄炎、根尖性歯周炎】
歯髄に細菌感染や、物理的、化学的などの刺激が加わったことによって起こることがあります。特に化膿し始めている場合は、熱いものに触れると中の圧力が高まり、症状が強くなる傾向にあります。歯髄炎の場合は、熱いものだけでなく、冷たいものもしみることがあります。
【根管治療後の残髄】
歯髄の形はヒトによってそれぞれ異なり、歯の根と同様にまっすぐな形をしていて、器具を使って簡単に治療ができることもあれば、蜘蛛の巣のような網状をしており、器具や薬を使っても治療が難しいこともあります。複雑な形をしている歯髄の場合、神経や感染した細菌を全て取り除くことができず、症状が起こることがあります。

このような場合、歯髄を取り除く、または再び根管治療を受けることで、症状が抑えられることがあります。歯の破折も関与している場合は、抜歯となってしまうこともあります。

冷たいものや熱いものがしみる場合は、自然に治ることはほとんどみられず、放っておくとさらに状態が悪化することが考えられます。症状が出たら、速やかに歯科へ受診しておくとよいでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック