お口の中の細菌を知ろう!

お口の中の細菌は、実はとても怖いんです。

お口の中の細菌は虫歯、歯周病、そして最近では、
  • 胃潰瘍
  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 心内膜炎
などの内臓系の疾患ともかかわりがあるといわれています。

その口の中にすむ細菌のかたまりを特にプラークといいます。プラークは歯垢のことであり、デンタルプラークとも呼ばれます。
プラークは歯の表面に付着していて、白くてやわらかく独特なにおいがします。例えばつまようじで歯の表面を引っかいて先についてくるプラークだけで、細菌が一億も含まれているといわれています。膨大な量の細菌を含むプラークは、虫歯や歯周病の大きな原因となります。
虫歯や歯周病の対策には、プラークコントロールと呼ばれる細菌除去がとても大切です。

ところで、なぜ、お口の中にこれほどまでに細菌が増殖してしまうのでしょうか?
それは、お口の中は一定の温度と湿度、さらに栄養分の補給もあるため、細菌にとって格好の住処 [すみか] だからです。
むし歯のすみか
特に細菌が住みやすく、虫歯になりやすいのは上図の三箇所(歯頚部・咬合面・隣接面)です。

プラークは時間の経過によりすぐに繁殖します。 しかも、歯を磨かなかったり、同じ場所を毎回磨き残していると、細菌は無害なものが減り、凶悪な性格のものが増えていきます。
CMでおなじみのプラークコントロールとは、歯を磨くことで細菌数をできるだけ少なく、無害なものに留めることです。 完全に細菌を無くすことができないので、プラークをコントロールするのです。自己流で磨くと磨き残したり、ブラッシング圧が強く、歯が削れてしまったりします。
また歯並びや歯肉の状態によってプラークコントロールの方法が違うので、歯科医院で歯の磨き方を習いましょう。
資料提供
山手歯科クリニック
院長 : 齋藤 和重
医院紹介ページ >>


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック