症例写真を見る際のチェックポイント

<症例写真は歯科医院選びの判断基準のひとつ>

歯科医院のホームページなどで見かける治療前後の症例写真(治療例)では、どの点を参考にすればよいのでしょうか。ここでは、症例写真の見方について簡単にご紹介します。

治療の経過がわかる写真があるか

経過を追って見られることで、治療の出来映えをしっかりと確認ますので、「治療を始める前の写真」「治療中、または治療直後の写真」を確認させてもらいましょう。

症例写真

担当医の症例写真を見せてもらう

他の先生が治療した症例写真や、企業配布用のパンフレットなどで説明する場合は、治療経験が少ないことも考えられますので、担当の先生が治療をした症例写真がないか確認してみましょう。治療技術は治療経験に必ず比例するとはいえませんが、写真があることで、一つの目安になります。

自分のお口の状態に近い症例写真を探す

自分のお口の状態に近い症例写真は、治療後をイメージしやすくいだけではなく、過去に治療経験があるという安心材料になります。

治療後の歯の大きさ、形、色を確認する

左右の歯と比べて、被せ物(人工歯)の歯の大きさ、形、色の調和がとれているか確認しましょう。治療をした歯だけが目立つ場合は、歯科医師、技工士、患者様との連携がとれていないことも考えられます。

症例写真はあくまでも参考でしかありませんので、自分自身が治療を受ける場合にはどのようになるか、また考えられるリスクなどを必ず確認するようにしましょう。治療を始める前に確認しておくことで、治療結果に満足できないことや、不満や不信をもつことが少なくなるでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック