口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペス

体調を崩した際に、唇やその周りに水ぶくれや発疹ができる「口唇[ こうしん ]ヘルペス」で悩んだ経験はありませんか?「口唇ヘルペス」は、免疫力が弱まった時にできやすく、「風邪の華」や「熱の華」とも呼ばれます。ここでは、口唇ヘルペスの症状や、原因、治療法、発症中の注意点、防止策などについてご紹介します。

口唇ヘルペスに見られる症状

主に次のような症状が現れます。症状が出てから1〜2週間で治る傾向にあります。

唇やその周りの皮膚に灼熱感(ひりひりとした感覚)や違和感、かゆみなどが現れる

唇やその周りの皮膚に水ぶくれや発疹ができる

水ぶくれや発疹が破れて、びらん(ただれ)や潰瘍ができる
(かゆみや痛みを感じることもある)

かさぶたとなって治る

口唇ヘルペスとなる原因

主な原因としては、単純ヘルペスウイルスの感染によるもので、発症者との直接的な接触、またはウイルスがついたタオルやコップなどを介した間接的な接触で感染します。また、感染してもすぐには症状が出ず、何年も経ってから免疫力が落ちたときに現れることもあります。一度感染すると、体内に潜伏し続け、何らかの誘因によって症状を繰り返します。誘因としては、風邪、疲労、ストレス、月経、老齢、日光(紫外線)の刺激など、体の抵抗力や免疫機能低下によって起こります。

口唇ヘルペスの治療法

ウイルスを体外に出すことが難しいため、対処療法が主体となります。口唇ヘルペスの治療は、主にヘルペスウイルスを抑える飲み薬や塗り薬の処方や、レーザー照射などが行われます。 全身疾患や皮膚疾患などが大きく関係していることが考えられる場合は、内科や皮膚科で原因の治療が必要となります。どの科を受診すればいいのかお困りの場合は、かかりつけの歯科や、内科、皮膚科などに連絡をして症状を伝えてみましょう。

発症中の注意点

  • 十分な休息と、水分や栄養の補給を行い、健康状態を整えましょう
  • 発症しているときは、大量のウイルスを排出し感染力が非常に強いため、他の人に移してしまわないよう配慮しましょう。キスや性交などの直接的な接触や、タオル、食器、飲み物の共有などの間接的な接触は控えましょう。

防止策

バランスの取れた食事バランスの取れた食事や、規則正しい生活習慣、適度な運動などで基礎体力を高め、ストレスを溜めない生活を送り、日頃からヘルペスが再発しにくい身体づくりを心掛けるとよいでしょう。

適切な処置を受ける時期が早ければ、症状は軽く、回復も早いといわれています。口唇ヘルペスの症状に気付いたら、早期に医療機関(歯科、内科、皮膚科など)を受診するのがよいでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック