一般歯科、小児歯科で行うMFT(口腔筋機能療法)について

お口の周囲のバランス

お口の周囲のバランスを整えるトレーニング法

お口の周囲には様々な筋肉があり、そのバランスが崩れていると咀嚼(噛むこと)や、嚥下[ えんげ ](飲み込むこと)、発音、歯並び、顔のバランスなどに悪影響を及ぼすことが考えられます。

MFT(口腔筋機能療法)では、お口の周囲にある筋肉のトレーニングを受けて、バランスのとれたお口の環境作りを目指します。治療対象に制限はなく、子供から高齢者まで受けることができます。ここではMFTの目的、効果、治療方法などについてご紹介します。

MFTの目的

MFTには次のような目的があります。

  • 舌の筋肉の力を強める
  • お口の周囲(唇や頬など)の緩んだ筋肉の強化、または過度に緊張している筋肉をリラックスさせる
  • 正しい嚥下(飲み込みかた)を覚える
  • トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、日常生活の中でそれを習慣にする

MFTの治療方法

お口の状態によってトレーニングの内容は異なりますが、主に下記のことが行われます。

  • 筋肉のバランスを整える訓練
  • 咀嚼や、嚥下の訓練
  • 舌や唇が正しい位置を保つ訓練

その他に、発音、呼吸、姿勢、悪影響を及ぼす癖や習慣などの指導が行われることもあります。

MFTの効果

トレーニングによってバランスを整え、新しい習慣を身につけることで、下記のような効果を期待することができます。

トレーニングによる効果 【お口の中の改善】
  • 歯並びの乱れ(不正咬合)の予防
  • お口の周囲の筋力をバランスよく鍛えることで、歯並びの乱れを予防します。
  • ドライマウス(口腔乾燥症)や、舌痛症の改善
  • お口の中が乾燥しにくくなるので、ドライマウス舌痛症の改善となることがあります。
  • 歯周病の予防
  • お口の中が乾燥しにくくなるので、歯石がつきにくくなります。
  • 入れ歯の安定
  • お口の周囲の筋力を鍛えることで、入れ歯が安定しやすくなります。

【それ以外の改善】
  • 口呼吸の改善
  • 舌を出す癖(舌突出癖)を直すことや、唇の筋力を鍛えることで、口呼吸を改善できることがあります。
  • 食べ方の改善
  • 物を食べるときにクチャクチャと音をたてることを防ぎ、飲み込むときにむせにくくなります。
  • 話し方の改善
  • 発音や滑舌がよくなります。
  • フェイスラインの引き締め
  • お口の周囲の筋力を鍛えることで、フェイスラインがバランスよく引き締まりやすくなります。

このように、MFTを行うことによって、生活の質の向上を目指すことができます。ただし、お口の状態によっては、MFTだけでは改善できないこともあります。

MFTはすべての歯科医院で受けられる治療ではありません。受診する前に、歯科医院のホームページやパンフレットなどで確認しておきましょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック