黒ずんだ歯を改善する治療方法

歯が黒ずんでしまう原因とは」では、歯の黒ずみとなる原因とその治療方法についてご紹介しましたが、ここでは、治療法をさらに詳しくご紹介します。心当たりのある方は、歯科医院で相談しましょう。

クリーニング

スケーリング クリーニングは、歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢歯石を専用の機械や器具で取り除く治療法です(スケーリングとも言います)。着色や歯の汚れなどを除去できるため、歯本来の輝きを取り戻すことができます。クリーニングの後に、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を併せて受けると、より歯に艶がでます。歯科医院やお口の状態によって、保険が適応となる場合と自由診療になる場合がありますので、詳しくは治療を希望する歯科医院で尋ねましょう。

セラミック治療

ラミネートベニアで治療 セラミックを使用した詰め物や被せ物は、健康保険適応外のため負担額が大きくなってしまいますが、見た目の美しさを追求することができます。セラミック治療は、経年的に起こる変色や着色を防ぐことや、自分の歯のような色調を再現することができます。セラミック治療には次の種類があります。

○ ダイレクトボンディング
部分的にハイブリッドセラミックを詰める治療法です。

○ ラミネートベニア
主に前歯に行う治療で、歯の表面を薄く削り、セラミックやハイブリッドセラミックスで出来た薄片(つけ爪のようなもの)を貼り付けます。お口の状態によっては、この治療が受けられないこともあります。

○ セラミッククラウン
セラミックからなる被せ物を装着する治療です。セラミッククラウンには次のような種類があります。
  • オールセラミッククラウン
    すべてセラミックから成る被せ物。最も艶があり、変色することのない材料ですが、割れる可能性が高い。
  • ジルコニアセラミッククラウン
    歯の表面部分にセラミックを焼き付けたジルコニア(人工ダイヤモンド)で作られた被せ物。強度があるため、割れる可能性が低い。セラミッククラウン治療の中で最も費用が高い。
  • メタルボンド
    歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属の被せ物。強度があるため割れる可能性が低い。金属の作用によって歯茎が黒っぽく変色することが多い。
  • ゴールドセラミッククラウン
    歯の表面部分にセラミックを焼き付けたゴールドの被せ物。強度があるため割れる可能性が低い。メタルボンドのように歯茎が黒っぽく変色することがない。
  • ハイブリッドセラミッククラウン
    セラミックとプラスチックを混ぜた被せ物。プラスチックを混ぜているため、経年的に艶がなくなる。セラミッククラウン治療の中で最も費用が抑えられる。

ホワイトニング

ホワイトニング ホワイトニングは、歯の表層(エナメル質)の表面と内部に着色した物質を分解して歯を白くさせます。ホワイトニングには2つの方法があり、歯科で施術を受けるオフィスホワイトニングと、自宅にて自身で行うホームホワイトニングがあります。どちらの治療方法が適しているかについては、診察を受けてから相談しましょう。なお、ホワイトニングは、健康保険適応外のため全額負担となります。

歯全体に起こる黒ずみの治療は、時間が経ってしまうと、余計に費用がかかってしまうことも考えられます。黒ずみが目立つ前に、一度歯科医院で相談しましょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック