黒ずんだ歯の原因

毎日ブラッシングを行なっていても、生活習慣等によって歯の表面が全体的にが黒ずんでくることがあります。笑った時などに見えてしまい、気になることはありませんか?原因によっては、落とせることも可能です。ここでは、この黒ずみの原因となるものとそれぞれの治療方法についてご紹介します。

飲食物や喫煙によるもの

ヤニが付着した歯

【原因】
赤ワイン、コーヒー、紅茶、タバコなどを好んで摂取した場合、色素が歯の表面に付着することにより、歯全体が黒ずんで見えることがあります。


    〔治療手段〕
  • 天然歯(自分の歯)についた着色の場合…クリーニング
  • 過去に保険治療した歯の詰め物や被せ物についた着色の場合…セラミック治療

テトラサイクリンによるもの

テトラサイクリンによって変色した歯

【原因】
歯の形成期にテトラサイクリンという抗生物質を服用すると、象牙質の変色が起こり、歯全体が黒ずんで見えることがあります。


    〔治療手段〕
  • セラミック治療
  • ホワイトニング(お口の状態によってはできないことがあります)

フッ素(フッ化物)によるもの

フッ素で黒ずんだ前歯

【原因】
歯の形成期に飲料水などから過量のフッ化物を長期にわたって摂取し続けたことにより、歯全体の表面が黒ずむことがあります。現在の日本では、みられることが少なくなっています。


    〔治療手段〕
  • セラミック治療

虫歯によるもの

【原因】
虫歯が進行している場合や、過去に虫歯などが原因で神経を取る治療をした歯の変色が起きている場合、部分的に黒ずんできます。
    〔治療手段〕
  • 虫歯治療

歯全体に起こる黒ずみは、適切な治療を受けることで、歯の色の改善だけでなく、顔の印象も大きく変わりますので、お悩みの方は歯科医院で相談されるとよいでしょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック