今泉俊一歯科医院

医院公式HP

TEL:024-947-6480

ご予約お問合せの際は「みんなの歯医者さんネット」を見たとお伝えください。

診療案内

予防歯科治療と歯周病

健康な歯を維持するには

どうしたら健康な歯を維持できるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、維持しているのでしょうか?
その答えが1〜3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。
欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。
メンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているというデータがあります。
皆さんは、80歳になったときに、何本、健康な歯を残していたいですか?


虫歯が全てではありません


多くの方が、虫歯が原因で歯が抜けてしまうと思っています。
しかし、現実はそうではありません。
左図のように46歳〜55歳の方で、歯が抜ける原因の約半分が歯周病なのです。
皆さん、歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?
そもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?
多くの方は「歯ぐき」と答えます。
しかし、実際には違います。実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。
この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。
この溶けてしまった歯槽骨は元に戻るでしょうか?
これは、元に戻りません(再生療法以外では)!!歯の表面であれば、悪いところを削ってつめて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある歯槽骨を削って詰めることはできないのです。
ということは、歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。しかも!恐ろしいことに歯周病は痛みが無く、進行します。


歯周病は痛みが無く進行する


皆さん、虫歯になれば痛くなりますよね?
だから、「痛くなったら歯医者に行くものだ」と思う方が多いわけで、痛みが無く進行する歯周病になると、歯の表面は虫歯じゃないんだけど、歯ぐきの下で歯周病が進行し、虫歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということが多いのです。
こういうことが多いのですが、本人は自覚がありません。ですから、「○○さん、虫歯の治療の前に歯石を取るようにしましょう」と申し上げても、なかなか理解をしてくださらないということがよくあります。
自覚症状が無い歯周病を予防していくためにも、1〜3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが欠かせないのです。
現在、日本の成人の約80%が上記の歯周病の何らかの段階に入ると言われております。ちなみに、歯周病が進行してしまうと、インプラントで歯を復活させるということも難しくなります。


歯ブラシでは落とせない汚れがあることをご存知でしたか?

歯ブラシを一生懸命していただいても、落とせない汚れがあるのです。
それが歯石とバイオフィルムです。
歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。細菌がついて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込み、それにより歯槽骨を溶かしてしまう原因となります。
ですから、歯石はきちんと取り除く必要があるのです。
また、バイオフィルムとは台所のヌメヌメのようなものであり、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。また、歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシだけで取り除くことは困難になります。
バイオフィルムを放置しておくと、虫歯と歯周病の原因となります。
ですから、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要になるのです。
また、このバイオフィルムは1度、破壊しても、また3ヶ月程度で形成されるというデータが出ています。ですので、1〜3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが大切になるのです。

ページの先頭へ戻る

↑このページの先頭へ

歯医者さんネットTOPへ

歯のトリビア

注目トピック