医療法人 賢歯会 こばやし歯科

医院公式HP

TEL:048-873-6874

ご予約お問合せの際は「みんなの歯医者さんネット」を見たとお伝えください。

診療案内

レーザー治療

治療内容の前にレーザー光線についてお話しましょう。
レーザー光線でまず思い浮かぶのは、昔のSF映画に出てきた恐ろしい殺人光線?と思いがちですが、実際は・・・。レーザーとは1秒間におよそ1兆回以上も振動するエネルギーの強い光です。その種類は100種類以上もあり、あらゆる分野で大活躍しています。
レーザーは、わたしたちの生活の中でもCD、バーコードリーダーなど身近なところで多く使われています。今やレーザーのない生活など考えられないほどに使われているのです。

虫歯予防と治療

歯のミゾは複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べかすなどは歯ブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。
レーザーは、ハブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌を取り除きます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。
虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

知覚過敏

水を飲んだり、ハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?その原因として知覚過敏が考えられます。
これは、象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。こんなとき、レーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができるて孔(あな)をふざぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があるでしょう

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

歯グキの黒ずみ

メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。
こんなときも、レーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。数回に分け数回治療照射することによりもとのきれいなピンク色の歯グキに改善されるでしょう

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

歯周病

歯周病は歯グキから血がでたり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。
こんな時もレーザーは活躍します。歯と歯グキの間にレーザーをあてて歯周病菌を取り除きます。レーザーをあてることで、歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、回復を早めます。ブラッシング指導・歯石除去など他の歯周病治療と並行してレーザー治療を行います。

ページの先頭へ戻る

↑このページの先頭へ

歯医者さんネットTOPへ

歯のトリビア

注目トピック