武内歯科医院

医院公式HP

TEL:045-761-2300

ご予約お問合せの際は「みんなの歯医者さんネット」を見たとお伝えください。

診療案内

当院診療科目のご案内

むし歯・歯周病治療

一般的なむし歯、歯周病、入れ歯の治療を行ないます。進行したむし歯治療の際は、しっかりと歯の根っこの治療を行なってから被せ物を入れていきます。歯周病は歯肉の状態を改善させていきます。

口腔外科

口の中、顎、顔面ならびにその周辺に現れる疾患をあつかいます。治療により本来の自然な形・機能の回復をはかります。親知らずの抜歯や怪我・事故などで折れた歯の治療などが含まれます。

矯正歯科

美しい歯並びやステキな笑顔を作ることはもちろん、お口や全身の健康にも貢献するものです。歯並びや噛み合わせの悪さによる、さまざまな悪影響を改善し、口元のコンプレックスを解消します。審美性と健康を向上し、より健やかで、快適な生活を送ることが、矯正歯科の目的です。

小児歯科

無理せず歯科治療の練習をしてから治療に入りますので、お子様の心理的負担を少なくし、治療を受けていただけます。大人になっても、歯を大切にし、むし歯・歯周病にならないようにご指導します。

予防治療

今まで歯科医院に来られる方は、歯の調子が悪かったときだけだったと思います。そして、治療が終了して健康な状態になると、それで通院をやめてしまうわけです。そしてまた、歯の調子が悪くなった時に、歯科医院に来院されるわけです。それをくり返しながら、どんどん悪くなっていくのが、今までの経過だったと思います。ところが、歯の調子が悪くなるというのは、歯だけの問題ではないのです。長期的に見れば、ガン、心臓病、脳梗塞等になりやすくなるということも分かっています。痴呆になりやすいということも分かっています。ですから、治療が終わって健康な状態になったら、是非、その状態をキープしていただきたいと思っています。

審美歯科治療

患者様の外見に対するニーズは年々、増しております。当院では、治療するだけでなく、見た目もキレイにしたい患者様のご要望にお応えできる治療をしております。

インプラント

「入れ歯はイヤだ!」「食べ物が美味しくない」「恥ずかしい」という方のために、自分の歯と同じように噛めて、外見も自然で、取り外しの必要ない治療がインプラント治療です。

ホワイトニング

人との出会いで大切な第一印象は、最初の6秒で決まると言われています。白くてきれいな歯は相手に好印象を与えることができます。白い歯とくすんだ歯では、年齢まで違って見えるもの。輝く笑顔からこぼれる白い歯を目指しましょう。

歯周病とは

歯周病は口腔内常在菌による感染症と生活習慣病です。十分なチェックをして自分の口腔内の弱点を見つけて、定期的なクリーニングやブラッシングを受けることが必要です。

歯肉炎や歯周炎といった歯茎や歯を支える骨などの歯周組織に関する病気を総称して歯周病といいます。

歯肉炎は歯肉に炎症が起きた状態、歯周炎は炎症が進んで歯周組織にまで及んだ状態をいいます。歯槽骨という歯を支える骨が溶けて最後には歯が抜けてしまいます。歯周病は、歯肉の出血などの症状があっても、痛みを伴わないことが多く、歯科受診のきっかけを失いがちですが、進行すると治療期間も長くかかり、外科手術が必要になったり、歯を失うことになるため、早期治療と予防が大切です。

親知らずについて

親知らずについて

親知らずとは、前から7番目の歯の後ろ側に生えてくる歯です。顎が小さく、親知らずが生えてくるためのスペースが十分にない場合、歯が斜めになって生えてきたり、骨の中に埋まったまま出てこなかったりと、口腔内のトラブルを引き起こす原因となります。

親知らずは抜いたほうがいいの?

親知らずの生え方は人それぞれです。きれいに生えている場合や、骨に埋まっていて悪さをしていない場合は抜歯の必要はありません。
しかし、斜めに生えていたり、生えかけで半分歯茎が被っている親知らずは、歯ブラシが届かないため汚れがたまりやすく、虫歯や炎症の原因になることがあります。このような親知らずは、トラブルが起きる前に抜歯してしまったほうが良い場合があります。

治療後の痛みについて

親知らずの抜歯後の痛みや腫れは、抜くのが大変だった場合や時間がかかった場合には、どうしても抜いた歯の周囲の組織がダメージを受けます。個人差があり予測がむずかしいのですが、一般的に抜いた後には腫れると思ってください。腫れるというのは、身体の刺激に対する正常な反応ですから、無理に抑える必要もありません。腫れのピークは2日程度で、その後は治まっていきます。痛みに関しても抜歯後1〜3日はありますが、痛み止めを処方致します。痛みや腫れが長引く場合は、ご相談ください。

当院の症例

◆矯正治療
前歯が重なりあっているのが気になるとのことでしが、上下の歯列を矯正し、改善いたしました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
◆審美歯科治療
前歯の黄ばみ、歯肉の黒ずみが気になるとのことでしたが、元の健康な歯のように審美的回復をしました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
◆インプラント治療
奥歯が抜けてまったくない状態から、インプラントを埋め込み、しっかり噛めるようになりました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
◆根幹治療
CASE1
CASE2
歯根嚢胞(歯根のう胞:しこんのうほう)の治療です。虫歯の神経を抜き、薬を歯の先端まで詰める治療を行ないました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
◆補綴治療
経年変化などで被せ物が合わなくなった不適合冠です。被せ物が外側へめくれています。土台を再度調整し、被せ物を新たに作製することで改善いたしました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

ページの先頭へ戻る

↑このページの先頭へ

歯医者さんネットTOPへ

歯のトリビア

注目トピック