歯みがき(歯磨き粉)の成分と役割

歯みがきとは?

歯磨き粉(ここでは歯みがきとします)を使うことで、効果を期待するのに一番多いのはむし歯予防ではないでしょうか? 歯みがきは歯を磨く時に使用されますが、一般的にチューブ入りのペースト状のものを練り歯みがきと呼びます。 以前は、粉状の歯みがきを使っていたのでなごりで「歯磨き粉」と呼んでいますが、現在はほとんどが粉状ではなくペーストタイプなので「歯みがき」または「歯みがき剤」と呼ばれるようになりました。

歯みがきの種類

ハミガキの種類

歯みがきの成分によって取り扱いが異なります

歯みがき(歯磨剤)は日本薬事法により「化粧品」と「医薬部外品」の2種類に分類されます。基本成分だけでできているものを「化粧品」といい基本成分に薬用成分が加えられているものを「医薬部外品」といいます。日本で市販されている歯みがきの90%は「医薬部外品」です。そのうちの約80%にフッ化物が配合されています。

歯みがきの形状

歯みがきは、ペースト状、ジェル状、液状、液体(デンタルリンス)、フォーム状、粉などの種類があります。

歯みがきを使うとどんな効果があるの?

皆さんが日頃、歯をみがく時に、歯みがきに含まれる、薬用成分を効果的に利用することでむし歯や歯周病の予防をすることが可能になります。その他にも、下記の効果が期待できます。使わないで磨くよりも、キレイな歯を長く保つ手助けとなるので、できれば使用することをお勧めします。

■ 歯みがきの効能・効果

  • むし歯の発生と進行を防ぐ
  • 歯の着色を防ぐ
  • 歯を白くする
  • 口中を浄化する
  • 口臭を防ぐ
  • 歯周病を防ぐ
  • 歯石が溜るのを防ぐ
  • タバコのヤニを付きにくくする

歯みがきに含まれる成分の働きと主な成分

歯みがきの裏面には必ず「成分」という欄があり、いくつかの<基本成分>と<薬用成分>が書かれています。下記に歯みがきに配合されている代表的な基本成分とその役割、求める効果によって配合される薬用成分とその役割についてご紹介します。

<基本成分>

歯磨き粉の裏面 ●清掃剤(研磨剤)

働き:歯の表面を傷つけずにプラークやステインなどの歯の表面の汚れを落とす。
主成分:リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム

●湿潤剤

働き:歯磨剤に適度の湿り気を与える。
主成分:グリセリン、ソルビトール

●発泡剤

働き:口中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを除去する。
主成分:ラウリル硫酸ナトリウム

●粘結剤

働き:粉体と液体成分とを結合させ、保型性を与えたり、適度の粘性を与える。
主成分:カルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン

●香味剤

働き:香味の調和を図る。爽快感と香りをつけ、歯磨剤を使いやすくする。
主成分:サッカリンナトリウム、メントール、ミント類

●保存料

働き:変質を防ぐ。
主成分:安息香酸ナトリウム

<薬効成分>…下記のうち、1つか2つ含まれていることが多い

●働き:齲蝕(虫歯)予防

主成分:モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化ナトリウム

●働き:歯肉炎予防

主成分:塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン

●働き:歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防

主成分:塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、β-グリチルリチン酸、ビタミンE、塩化ナトリウム

●働き:プラークの分解

主成分:デキストラナーゼ

●働き:歯石沈着防止

主成分:ポリリン酸ナトリウム

●働き:知覚過敏抑制

主成分:乳酸アルミニウム、硝酸カリウム

●働き:タバコのヤニ除去

主成分:ポリエチレングリコール

歯みがきとアレルギー

歯みがきや歯磨きジェルなどにグルコン酸クロルヘキシジンが成分として含まれている場合は、殺菌力と殺菌力の持続という面での効果はありますが、場合によってはアレルギー症状を起こすこともあるので、以前に薬によってアレルギー症状が出たことがないかを確認する必要があります。 また、牛乳由来成分(カゼイン)及びパラベンが含まれている歯みがき剤は、牛乳由来成分(カゼイン)及びパラベンに対してアレルギーのある方は使用することができません。

普段、歯に関してお悩みを持っている方は、少し意識して歯みがきを選んでみましょう。これに加えて、定期的に歯医者さんで検診を受けましょう。


豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック