ウワサの歯を白くする方法、メラミンスポンジで歯を磨く!?

SNSでシェアしよう!
茶渋や水あかといった頑固な汚れ落としに欠かせないメラミンスポンジ。
これなら歯に付いた着色汚れも簡単に落とせそう、と試してみたくなりますが…

実はメラミンスポンジで歯を磨くのは、歯科医も警告を鳴らす危険な方法だったのです。

メラミンスポンジって何?

メラミンスポンジは、メラミン樹脂という材質をミクロン単位で発泡させたスポンジです。

かなり細かい網目状でできているメラミンスポンジは、その特性により頑固な汚れを水だけで落とすことができ、100円均一ショップなどでも安く手に入れられます。

便利で経済的と家庭の掃除アイテムとしても重宝され、今ではどこの家庭にもあるのではないでしょうか。

歯の汚れ落としに使ってはダメなの?

このメラミンスポンジがなぜ歯に悪いかというと、汚れだけを除去するのではなく、歯の表面をやすりのように削っていってしまうのです。

着色汚れだけでなく、歯の表面が削られると、エナメル質や歯茎を傷つけてしまい、エナメル質が薄くなるとその下の象牙層にまで悪影響が及び知覚過敏などの症状が出ることもあります。

虫歯になりやすい歯になるだけではなく、象牙質が透けてみえることによって、歯が黄ばんで見えてしまいます。

また、歯茎が傷つくことによって、口内トラブルを引き起こすこともあるので、メラミンスポンジで歯を磨くことはかなり危険な行為でしょう。

ホワイトニング治療は“削らない”!

メラミンスポンジにも「人体への使用禁止」としっかり注意事項が記載されています。

製造工程次第では人体への副作用も気になるホルムアルデヒドが残留している可能性もありますから、口の中に入れることは絶対にNGです。

本来の歯のホワイトニングも削る治療ではなく、クリーニングしたあとに薬剤を使用して、安全に歯を白くしていく施術なので、正しい知識を持って歯を大切にしてくださいね。
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia