list
オトナのための豆知識 「歯」と「お酒」の関係

オトナのための豆知識 「歯」と「お酒」の関係

SNSでシェアしよう!

みんなでワイワイ楽しんだり、バーで一人リラックスして楽しんだり、アルコールはオトナの楽しみの一つですよね。

今回は「歯」と「お酒」の関係についての、ちょっとしたマメ知識をご紹介します!

お酒の種類の違い

ビール、焼酎、ワイン、ウィスキー、お酒にはいろんな種類があります。

そして、その作り方の違いでお酒は醸造酒蒸留酒に大きく分けられます。

醸造酒は虫歯リスクが高め?

醸造酒はビール、ワイン、日本酒などです。

醸造酒は、果実や穀類などの糖分を発酵させて作られたお酒になり、糖分が含まれていますので蒸留酒に比べて虫歯リスクが高めです。

特にワインには酸が多く含まれているので、意外に「酸蝕歯」の原因のひとつになりやすいお酒です。ちなみに、白ワインのほうが酸性が高いものが多いので要注意です。

また、赤ワインは歯に着色しやすいですので、ホワイトニングをした直後や歯の白さを保ちたい方はできるだけ控えるか、飲み方を工夫したほうがいいでしょう。

ワインの飲み方の工夫は、赤と白、歯を変色させるのはどっちのワイン?をご参考に☆

醸造酒は虫歯リスクが高め?

糖分少なめでも、要注意

蒸留酒は焼酎、ウィスキー、ブランデーなどのお酒です。

醸造したお酒を蒸留して作られていますので、こちらは糖分が少なく虫歯リスクは低めです。

でも!

お酒そのものに糖分が少ないからといっても、甘い炭酸やジュースで割った「チューハイ」や「ハイボール」 は糖分が添加されることになりますので注意が必要です。

同じように、甘いジュースやリキュールで割られたカクテルにも糖分が含まれていますので、歯とお口の健康のためには飲み過ぎに注意しましょう。

糖分少なめでも、要注意
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Related Posts

Editor's pick