list
赤と白、歯を変色させるのはどっちのワイン?

赤と白、歯を変色させるのはどっちのワイン?

SNSでシェアしよう!

ワインは多くのポリフェノールが含まれているため、適度に飲めば健康効果があるとされていますが、「歯」にとっては実は少々リスキーなお酒です。

ワインのリスク

もともとワインはお酒の種類のなかでも酸性度が高く、酸蝕症や歯の変色といった歯のトラブルを引き起こしやすい可能性をもっています。

お口の中はpH5.5より低い状態になると、歯の表面のエナメル質が溶け出します。ワインのpH値は約2~4ですので、ワインを長時間続けて口にする機会が多いと、それだけ歯の表面が溶けやすくなってしまいます。

白ワインは白いから歯の色には関係ない。◯か×か

また、歯に着色しやすい食材として、よく挙げられるのが「赤ワイン」。赤ワインに含まれているタンニンという物質が歯の表面に沈着し、歯は変色してしまいます。赤ワインを飲んだ後、自分の歯の汚れ具合にびっくりしたことはありませんか。

もちろん歯磨きをすれば汚れは落ちます。でも、毎日のように飲み続けていると汚れが少しずつ蓄積されてしまいますので、歯の色はだんだんとくすんできてしまいます。

では、赤ワインは色が濃いから歯が変色しやすいけど、白ワインなら大丈夫でしょ。と、思いがちですが、これが意外とそうでもありません。

白ワインは赤ワインより酸性度が高いため、より歯を溶かす力が強く、歯の表面を粗くしてしまいます。

歯の表面がツルツルであれば汚れはつきにくいですが、傷があったり、でこぼこがある粗い状態になっていると、どうしても色素は付きやすくなってしまいます。白ワインを選んだとしても、一緒に色の濃い食べ物を口にすると、歯に色が付きやすくなってしまうのです!

ワインを飲みながらも歯の白さと健康をあきらめない方法

赤でも白でもワインは歯に良くないけど、ワインを飲むのはやめられない・・・という方は少なくないでしょう。では、ワインを楽しみつつも自分で歯の白さと健康を保つ方法をご紹介します。

ワインとチーズ
ワインと一緒にチーズを食べましょう。チーズはアルカリ性食品であり、ワインを飲んで酸性に傾いたお口の中を中性に近づけてくれます。

だ液の分泌
だ液をよく分泌させることも大切です。だ液にはカルシウムイオンが含まれているので、自分の力で歯を修復する力があります。ですので、ワインを楽しむ時にはチーズはもちろん、美味しい食事を一緒に取って、しっかりだ液を分泌させましょう!

アルカリイオン水
ワインを飲む合間に、ミネラルウォーターを飲むこともおすすめします。このとき、アルカリイオン水を選ぶと、お口の中を中性に近づけてくれます。

歯磨きはすぐにはしないこと
ワインを飲んだ後は、酸の作用で歯の表面が削れやすくなっていますので、30分~1時間くらいは歯磨きを控えましょう。赤ワインの汚れが気になっても、すぐに歯磨きをしてはいけません。すぐに歯磨きをすると、余計に歯の表面を傷つけて、さらに着色しやすくさせてしまう可能性があります。

歯医者さんのケアで歯を守る!

そしてもちろん毎日の歯磨きも大切ですが、定期的に歯医者さんでクリーニングをして、歯石や汚れの無い健康なツルツルの歯を保っていれば、それだけでも歯への着色は防ぎやすくなります。クリーニング後にフッ素コーティングをしてもらえば、歯を強化することもできます。

長年ワインを飲み続けて歯の色が気になってきたなら、歯医者さんでホワイトニングをしてみるのもひとつの方法です。自分のケアでは、基本的に歯の外側についた汚れしか落とせませんが、歯医者さんでは歯の内部から色を白くするホワイトニングをすることができます。

確かにワインは歯へのリスクがあるお酒ですが、このように日頃のケアを怠らなければ、歯の白さと健康を守ることは可能です。

健康で美しい歯で、赤ワインも白ワインも美味しく楽しみましょう!

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Related Posts

Editor's pick