list
白い歯をダメにする飲み物

白い歯をキープ!するために控えたい飲み物

SNSでシェアしよう!
普段何気なく飲んでいる飲み物の中に、白い歯や健康な歯を保ちたいときには控えたほうがいいものがあります。様々な歯への影響が考えられる飲み物を確認していきましょう。

歯への影響が考えられる飲み物

ステイン(色素)が付きやすい飲み物
・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・烏龍茶
・ワイン

酸蝕歯になりやすい(歯を溶かしやすい)飲み物
・ワイン
・甘い清涼飲料水
・果物や野菜のジュース(特に柑橘類)
・黒酢などのお酢が含まれたもの

虫歯になりやすい飲み物
・甘い清涼飲料水
・果物や野菜のジュース
・糖分の入ったお酒(ビールやリキュールなど)
・健康ドリンク

これらは飲む回数が増えれば増えるほど、そのリスクは高まります。飲むときには注意が必要です。

どうやって飲めば、歯をキレイに保てる?

上記にあるような飲み物は、普段の生活の中でもよく口にするものですよね。
これが全部、歯への影響があるというなら、もうお水しか飲めない・・・となってしまいそうですが、上手に飲めばリスクを軽減させることは可能です!
こういった飲み物を飲むときは「お口の中で長時間停滞させない」ことが大きなポイントとなります。

飲む時のポイント
飲む時間やタイミングを決めておきましょう。長時間にわたって飲みつづけると、それだけ歯に接触している時間も長くなります。特に、お砂糖がたっぷりと入った甘い飲み物をダラダラと飲み続けていると、虫歯リスクが高くなって危険です!

飲んだ後のポイント
飲み物を飲んだ後は、「お口の中で長時間停滞させない」ように、

・歯磨きをする
・うがいをする
・飲んだ後に水を飲む
・ガムを噛んで唾液を分泌させる
・などをされておくことをお勧めします。

歯の白さと健康は、毎日の積み重ね

何も気にせず、好きな物を飲みたい!という場合は、やっぱり定期的に歯医者さんで検診を受けるのをオススメします。

歯医者さんでクリーニングをして歯の表面をツルツルに保っていると、着色汚れは付きにくくなりますし、フッ素コーティングもしてもらえば歯の質を強くすることもできます。虫歯ができたとしても、早期発見ができるので、ひどくなる前に治療してもらえます。

歯を白く健康に保つためには、日常生活から気を配ることが大切です。

飲み物を飲むときは、このポイントをちょっと思い出してみてくださいね。
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick