list

夏バテ予防でお口のトラブル回避

SNSでシェアしよう!

夏バテのような体調不良が続くと、口内炎や、歯ぐきの痛み・腫れ・炎症などのお口のトラブルも同時に起こりやすくなります。

夏の環境に負けていませんか?

夏バテの症状には次のような原因があげられます。

■日本の夏は高温多湿で、エネルギーやビタミンの消費が激しい
■冷房のよく効いた場所と屋外との行き来によって、体温調整を行う自律神経に負担をかけている
■体温上昇や発汗により胃腸への血流や胃酸の分泌などが低下し、この状態で冷たい物を多く摂取することで、胃腸の温度が下がって消化器官の働きが低下する

特にお盆明けなど、休日の生活リズムから日常生活に戻る頃に夏バテはピークを迎えやすいようです。

夏バテを予防するには?

夏バテを予防するには、十分な休養と栄養補給が必要です。食事に関しては次のようなことに注意されるとよいでしょう。

□疲労回復に関係しているビタミンB1(豚肉、うなぎ、大豆など)を取る
□夏野菜をバランスよくとり、暑さへの抵抗力をつける
□冷たいものは控えて、温かいものもとり、胃腸への負担を軽減する
□汗をかいたら水分とミネラルの補給を意識する

お口の中と体の健康は密接に関係しています

身体の免疫力が落ちてくると、もちろんお口の中の免疫力も低下してきます。そしてお口の中に存在している細菌の力が強まってきてしまうと、歯周病や虫歯のリスクが高まります。

逆にお口の健康状態が良くないと、お口の中のバリア機能が低下して、体の全体の健康状態に影響してくることもあります。

お口も体もしっかりとケアをして、夏バテに負けない健康な生活を送りましょう!

【あわせて読みたい】
口内炎の原因と事前に防ぐ方法(歯医者さんネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick