list

喫煙と歯とお口の関係

SNSでシェアしよう!

タバコは身体の健康を害するだけでなく、歯やお口の健康にも悪影響を与えます。具体的に、どんな影響を与えるのでしょうか?

喫煙のダメージとは

喫煙を続けていると、歯にはヤニによる着色汚れが付着し、黄ばんで不潔な印象になりやすくなってしまいます。そして歯だけではなく、歯ぐきの健康状態も喫煙による大きな影響を受けるのです。

喫煙は歯ぐきの着色や炎症を引き起こし、口臭が悪化したり見た目にも不健康になっていきます。さらに重度になると、歯ぐきの中に無数にある毛細血管が収縮してしまい、歯に栄養を与える血管が細くなり、その治癒力が低下することで歯を抜かなければいけない事態にまで発展することがあります。

そうして歯ぐきの健康が損なわれていくと、歯周治療やインプラントなどの外科処置後の治癒が悪くなってしまいます。

禁煙の「きっかけ」を意識しよう!

喫煙には色々な悪影響があることついては十分に理解している方も多いかと思いますが、タバコに含まれるニコチンによる強力な依存作用のため、やめるにはそれ相応の覚悟が必要です。

その依存性を振り切ってやめるには、大病をしたり、胎児への影響であったり、ホワイトニングした歯を保ちたかったり・・・自分が納得できるような何らかの「きっかけ」が必要でしょう。

最初はもちろん辛いでしょうが、今からでは遅いということはありません!

歯医者さんを禁煙の味方につける!

煙草をお休みすると、体が受けたダメージは少しずつ回復していきます。

歯医者さんや歯科衛生士さんは、クリーニングや治療を行うだけでなく、口の中の変化を定期的に観察することができますので、より患者さんに寄り添ったアドバイスができる立場です。

歯医者さんでは禁煙指導ではなく、禁煙支援という形で応援してもらえますので、気軽に相談してみましょう!

【あわせて読みたい】
タバコによる黄ばみ(ヤニ)の落とし方は?(ホワイトニング審美歯科ネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick