list

呼吸で虫歯リスクが変わる!?

SNSでシェアしよう!
普段、無意識に行っている「呼吸」。鼻でしていますか?口でしていますか?

鼻と口、大きく違いがあります

息ができていればどちらでも同じようにも思いますが、「鼻呼吸」か「口呼吸」かで身体に与える影響が大きく違ってくるのをご存知でしょうか。

本来、人間は鼻呼吸をするようになっている動物です。お口はものを食べる消化器官のひとつですので、鼻のように呼吸をするにはちょっと不向きにできているのです。

特に大きな違い、それは「毛」があるか、ないかです。

鼻呼吸なら・・・

鼻で呼吸すると、吸い込んだ空気に混じる大きなホコリなどはこの鼻毛によって取り除かれ、更に小さなゴミや細菌は、鼻の奥に生えている線毛と言われる毛の動きによって奥の粘膜に付着させることで、痰となって吐き出されたり、食道を通じて胃に排出されます。

ちょうど、線毛がほうきで粘膜がちりとりのような役目でしょうか。

このキレイになった空気を鼻の中で加湿し温めることで、喉や肺への刺激も少なくなり細菌の繁殖も抑えてくれます。こうして気管に潤いが保たれることで免疫力がアップし、肺での酸素の吸収も良くなり脳も活性化されます。

鼻で呼吸しお口を閉じていることで口の中のだ液が乾燥してしまうこともないので、だ液の役割をしっかり発揮することもできます。

口呼吸は・・・

空気中のほこりや雑菌を直接吸い込んでしまうため、のどだけでなく肺にも細菌が入りやすくなり、気管も乾燥して免疫力や酸素の吸収率も落ち、炎症を起こしやすくなってしまいます。

また、口呼吸をしているとお口は開きっぱなしになるので、くちびるを閉じるための筋肉も緩み、しわやたるみだけでなく歯並びが悪くなってしまう原因になることも。

そしてお口が開いていれば当然その中も乾燥しますので、だ液も減少し、お口の中の免疫力も低下してしまいます。つまり口臭や歯周病、虫歯のリスクが高まってしまうのです。

鼻で呼吸を意識しましょう!

このように、呼吸ひとつで体への影響は大きく変わります。

虫歯ができやすかったり、歯周病や口臭、ドライマウスが気になる場合、歯医者さんへ行くのはもちろんですが、「鼻呼吸」もちょっと意識してみてください。

普段は鼻呼吸の方でも、風邪を引いたり花粉症になったときに口呼吸になってしまうこともありますので、注意してみてくださいね。

【あわせて読みたい】
口の中が乾く病気 - ドライマウス(口腔乾燥症)(歯医者さんネット)
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick