list

気圧の変化で歯が痛くならないための対処法

SNSでシェアしよう!

飛行機の長時間フライトで歯が痛くなったこと、ありませんか?

気圧で歯に痛みがでる!?

海外旅行などで飛行機に長時間のったり、高い山に登山をしたり、急激な気圧の変化によって歯痛が起こることがあるということ、ご存知でしたでしょうか。

その痛みの原因は?

こういった気圧による歯の痛みはどのような方でも起こるのではなく、次のような状態の方が引き起こしやすくなります。

・虫歯がある
・詰め物や被せ物をいれた歯がある
・歯茎に膿が溜まっている
・歯の根っこに膿が溜まっている(歯根嚢胞(しこんのうほう)とは) など

このような状態で、短時間に外気圧が変化すると、「歯の内側にある神経」や「歯の周りの組織」が圧迫されて痛みが起こることがあります。

痛みがあまりにもひどくなると、最悪の場合には痛み止めも効かないことがあるようです。

お楽しみの前に、歯医者さんでチェック!

気圧の急激な変化が起こるのは、主に飛行機の搭乗や台風の発生などですが、登山やスキューバーダイビングなどでも起こることがあるようです。

レジャーや旅行の最中に歯痛が起こってしまうと、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまいますよね。

飛行機での旅行や、登山やスキューバーダイビングなどの予定が入ったら、より楽しく過ごすための事前準備として、歯科での検診予定も入れておいてくださいね!

万が一のために痛み止めを持っていくこともお勧めいたします!

【あわせて読みたい】
歯や歯茎の痛みの原因ってなに?(歯医者さんネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick