list
デンタルフロスの選び方と正しい使い方のポイント

デンタルフロスの選び方と正しい使い方のポイント

SNSでシェアしよう!
糸ようじとも呼ばれる『デンタルフロス』毎日の歯のお手入れで使っていますか?

デンタルフロスとは

デンタルフロスとは、歯を掃除するためのグッズの一つで、ナイロンの毛を束ねた糸状のものをいいます。歯ブラシだけでは落ちない食べかすや歯垢を取るためには欠かせません。

薬局などで手軽に買うことができますが、種類があるので自分に合ったものを選ぶ必要があります。

「形」を選ぶ

まずは 形 が2種類ありますので、どちらかを決めます。

 糸巻き型 or ホルダー型

糸巻き型は自分の好きな長さに切ってつかうことができるタイプです。

初めて使う方は自分の力でコントロールしやすい糸巻き型がおすすめです。ホルダー型は力の加減が難しく、歯茎を痛めやすいので、ゆっくり丁寧に使用します。

「糸」を選ぶ

次に 糸 の種類を選びます。
 
ワックスタイプ or アン(ノー)ワックスタイプ

これはツルッと滑るワックスで加工されているか、されていないかの違いです。

ワックスタイプは、スムーズに歯と歯の間に入れることができ、初心者でも使いやすいタイプです。アンワックスタイプは、ワックスがついていない分、歯垢を絡めとる力をより発揮します。

デンタルフロスを使うのに慣れてきたらアンワックスタイプに変えてみて、違いを比べてみましょう。

使い方は?

使うデンタルフロスを決めたら、正しい使い方で効果的に食べかすや歯垢を取り除きます。

デンタルフロスは歯ブラシの補助的な役割がありますので、歯みがきとセットで行うべきものですが、忙しい時には、「夜の歯みがきの時だけ使用する!」などと決めて、毎日続けることが大切です。

なぜなら・・・食べかすは24時間で歯垢に変わるからです。

その日のうちにその日の食べかすを取り除くことは虫歯や歯周病を予防することにつながるのです。

効果的なデンタルフロスの使い方は、歯と歯の間に入れるというよりも、歯面に沿って上下前後に動かして、一つの歯の両サイドについている食べかすや歯垢をこすり取るイメージです。

歯茎の内側(歯周ポケット)に隠れている歯の表面まで、キレイに汚れを落としましょう。

【あわせて読みたい】
毎日のブラッシングの補助が目的のデンタルフロスは、単独で歯の清掃をするのではなく、必ず歯ブラシとセットで使用するようにしましょう。
補助的清掃用具 -デンタルフロス-(歯医者さんネット)
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick