list

間違っていませんか?入れ歯のお手入れ方法

SNSでシェアしよう!

“今は入れ歯じゃないから関係ない…”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族の方が病気やケガなどで介護が必要となり、入れ歯のお手入れが必要になることもあるかもしれません。そんな時に知っておくと助かるマメ知識です。

入れ歯に歯磨き粉は必要なし

「歯と同様に、入れ歯にも歯磨き粉をつけて洗う」という方がいるようですが、このお手入れの方法はあまりお勧めできません。入れ歯はプラスチック素材で作られている部分が多いですが、歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多く、それで磨いてしまうと傷がつきやすくなります。傷がつくとそこから細菌や汚れが付きやすくなり、さらに臭いや着色が起こりやすくなってしまいます。入れ歯のお手入れは、水と歯ブラシで汚れを落とし、定期的に入れ歯洗浄剤を使用されることをお勧めします。

誤って捨てないで!

「一時的に入れ歯を外した時、ティッシュに包んで置いたため自分や家族が誤って捨ててしまった」という話もよく聞きます。入れ歯がなくなると食事や会話に支障が出てしまうこともありますし、再度作りなおさなければいけません。時間もお金もかかります。また、入れ歯は落とすと割れたり欠けたりしやすい素材が多いので、取り扱いには十分注意しましょう。入れ歯を外すときは、専用の容器や洗面器などで保管し、変形を防ぐために水をはっておかれることをお勧めします。

お手入れをしないとどうなる?

入れ歯のお手入れを怠ると、口臭が強くなってしまったり、入れ歯自体に色素や歯石が付きやすくなったり、残っている自分の歯が虫歯や歯周病になりやすくなることも。さらに、不衛生な状態で繁殖した細菌がお口の中から身体の中に回ってしまい、時には重篤な症状をおこしてしまうこともあります。しっかりお手入れをしていればそんな状態になってしまうことは防げます。毎日きちんとお手入れをして、入れ歯を清潔に保ちましょう!

【あわせて読みたい】
入れ歯のお手入れ方法(歯医者さんネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick