list

歯医者に行くほどでもないけど気になる歯の痛みには!?

SNSでシェアしよう!
みなさんは、歯がどのような状態になったら歯医者さんへ行きますか?

歯医者さんに行かない言い訳

歯医者さんをついつい後回しにするときによくこんな声を耳にします。

「今日じゃなくていいや」
「もう少し痛くなったら行こう」
「痛み止めの薬で応急処置!」

本当になんともなかったらよいのですが、その症状を放っている間に悪い菌がどんどん繁殖してしまった場合、痛みが限界に達して歯医者さんへ駆け込んだときには発見が遅くて抜歯になった・・・なんてことも少なくありません。

歯医者さんも、もっと早く来てくれれば!と悔やむ瞬間です。

自分では歯医者に行くほどでもないけど・・・と思っていても、思わぬトラブルが発生している場合がありますので、何か歯に気になることが少しでもあれば、歯医者さんに行くことをオススメいたします!

歯を失って後悔する前に!

歯を失って取り返しのつかない事態になることを避けるため、歯医者さんに通いやすくなる方法をご提案します。

■ホワイトニングを受けに歯医者さんに行く
ホワイトニングで歯医者さんに行くと、歯の色の後戻りのリタッチのために定期的に歯医者さんに通いやすくなります。また、一度キレイにした歯を長続きさせたいと思えば自然とデンタルケアを意識できるようになるでしょう。

■クリーニングを受けに歯医者さんに行く
虫歯がなくても、クリーニングやPMTCなどだけで歯医者さんを受診することはできます。その1回めを皮切りに、数ヶ月から半年後の定期検診の予約を取らせてくれたり、来院時期をお知らせをしてくれる歯医者さんもありますので、半ば強制的に通うことができるようになるかもしれません。

■お気に入りの歯医者さんを見つける
最近の歯医者さんにはエステやホテルのように院内の内装にこだわっている歯医者さんもあります。定期検診で数ヶ月に1度通うのであれば、多少家から遠くても自分が楽しみに通える歯医者さんを探してみるのもいいでしょう。あえて繁華街の中にある歯医者さんを探せば、定期検診と一緒にショッピングなども楽しめるかもしれません。

一番のポイントは、歯が悪くなくても無理のないスケジュールで歯医者さんに通うことです。きちんと定期検診に行って、大切な歯の健康を守りましょう!

【あわせて読みたい】
歯の定期検診(デンタルドック)では何をするの?(歯医者さんネット)
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick