list
レーザー治療ってどんなもの?

レーザー治療ってどんなもの?

SNSでシェアしよう!
歯医者さんのなかには、歯科用レーザーを使って治療を行うところもあります。歯医者さんのレーザー治療とは、どんなものなのでしょうか。

歯科用レーザーの特徴

「レーザー」は組織の表面で熱に変わりますが、組織の深部まで到達しないので安全に治療することができるとされています。また、薬を用いた治療とは異なり副作用の心配がありませんので、妊娠中の方や全身疾患がある方なども負担が少なく治療を受けることが可能です。
歯科用レーザーを使った治療には、殺菌または消毒作用がある、出血・痛み・不快感が少ない、といった特徴があります。

どんな治療に使うの?

歯科用レーザーは、次のような歯科治療で使用することがあります。

■ 初期虫歯の治療
■ 歯周病の治療
■ 口内炎の治療
■ 知覚過敏の治療
■ 歯茎の黒ずみの除去
■ 外科処置

歯科用レーザーには種類があり、機器によってレーザーの性質が異なります。また、レーザー治療は健康保険が適応することが少なく、多くの場合に自費治療となります。レーザー治療の設備や行っている治療の種類、費用については歯医者さんによって異なりますので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

【あわせて読みたい】
歯医者で行うレーザー治療ってなに?(歯医者さんネット)
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick