list

医療費を年間10万円以上使ったときの豆知識

SNSでシェアしよう!

歯医者さんでは通常の保険診療の他に、インプラントや矯正治療、セラミック治療などの保険が使えない自由診療を行っています。歯医者さんで自由診療を選択し、一年間で10万円を超える医療費を支払った場合に知っていおくとおトクな「医療費控除」についてのお話です。

「医療費控除」とは

「医療費控除」とは、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

医療機関の領収書は捨てないで!

医療費控除を受けられる条件は

■ その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること
■ 自分、または自分の配偶者やその他親族のために10万円以上の医療費の支払いをしていること

となります。
この条件を満たし、国税庁にきちんと申告をすれば、所得控除として一部の金額が戻ってきます。ですので、自分は一年間元気に過ごして医療費があまりかからなかったとしても、家族の医療費が合わせて年間10万円以上かかった場合に申告すれば控除が受けられます。申告期間は毎年2月~3月に受け付けされる確定申告と同じ期間です。申告の際は、歯医者さんはもちろん他の医療機関から発行された1年分の領収書やレシートが必要になりますので、医療機関を受診したときにもらった領収書は大切に保管しておき、年が明けてから早めに整理をしておきましょう。医療費控除を活用し、上手に家計をやりくりできたらいいですね。

医療費控除についてもっと詳しく知りたい方は 
医療費控除について(歯医者さんネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick