list

歯医者さんのレントゲンの放射線量はどのくらい?

SNSでシェアしよう!

歯医者さんではお口の中のレントゲンをとる機会がけっこうあります。目に見えない放射線、どのくらいの量でどのくらい私たちの身体に影響があるのが気になる方も多いと思います。

歯科治療で使用されるレントゲン

歯医者さんで主に使用するレントゲンは、「パノラマ」「デンタル」「歯科用CT」で、それぞれ一回のレントゲン撮影で放出される放射線量は次のようになります。

パノラマ → 0.03ミリシーベルト(1回)

デンタル → 0.01ミリシーベルト(1枚)

歯科用CT→  0.1ミリシーベルト(1回)

CTスキャンで6.9ミリシーベルト、胃のX線で0.6ミリシーベルト、胸のX線集団検診で0.05ミリシーベルトと、他の医療検査での放射線量よりも決して多くない数値なのがわかります。

歯科治療で使用されるレントゲンは、適切で安全な治療を受けるためにも欠かせないものです。心配な方は歯医者さんと相談しながら、上手に活用していきましょう。
※放射線量は、機器や状態により前後します。

【あわせて読みたい】
歯科で使用するレントゲンが人体に及ぼす影響は?(歯医者さんネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick