list
デンタルリンスの「洗口液」と「液体歯磨き」は使い方が異なります!

デンタルリンスの「洗口液」と「液体歯磨き」は使い方が異なります!

SNSでシェアしよう!

スーパーやドラッグストアでたくさんの種類が販売されている「デンタルリンス」は、マウスウォッシュやデンタルウォッシュともよばれています。これらは「洗口液」と「液体歯磨き」というものに分類されます。
この2つの違い、ご存知ですか?

デンタルリンスは用途で選ぶ!購入時にチェックしましょう。

デンタルリンスはそのボトルの裏面に、「洗口液」もしくは「液体歯磨き」のどちらであるかが記載されています。それぞれ効果も使い方も違いますので、購入するときには必ずチェックしましょう。

「洗口液」の特長

デンタルリンスでお口をすすぐことで、口臭の防止やお口の中の浄化が期待できます。きちんと歯を磨くことができない場合や、歯磨きの仕上げなどに使用できます。

「液体歯磨き」の特長

液体歯磨きは「(練り)歯磨き粉」と同じ使い方で、液体歯磨きでお口をすすいだ後に歯ブラシでブラッシングをします。研磨剤が含まれているものが少ないので、研磨剤が含まれている(練り)歯磨き粉と比べて、歯面を傷つけることなくブラッシングできます。

洗口液と液体歯磨きの使い方

洗口液は口に含んで20~30秒ぐちゅぐちゅとうがいをするだけですが、液体歯磨きはそのうがいの後、歯ブラシでブラッシングをします。

デンタルリンスを使っても、歯磨きは忘れずに!

研磨剤を含まないデンタルリンスだけを使用し続けていると、タバコのヤニ、コーヒー、ワインなどによる歯の着色が目立つようになることがあります。歯の着色が気になる場合は、研磨剤を含む「練り歯磨き粉」を使用するか、歯科でクリーニングを受けましょう。

また、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどで磨かなければ落ちません。デンタルリンスを使用する場合でも毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。

洗口液も液体歯磨きも、あくまで「お口の掃除の補助」するものです。お口の中をより清潔に保つために、上手に利用しましょう!

【あわせて読みたい】
デンタルリンスを効果的に使用するために(歯医者さんネット)
歯をキレイにするコラム(ホワイトニング審美歯科ネット)

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick