list

子どもが嫌がらない『仕上げ磨きの3つのポイント』

SNSでシェアしよう!
子どもが自分で歯磨きをしてくれるようになると、お母さんやお父さんは楽になりますね。でも、子どもは手先が器用でないため、自分で歯磨きをしても磨き残しがあることがほとんどです。

「仕上げ磨きのポイント」3つ

子どもの歯磨きは、できれば小学校低学年頃までは大人が仕上げ磨きをしてあげることが望ましいです。そこで、仕上げ磨きの際の3つのポイントをご紹介します!

■ 鉛筆を持つように歯ブラシを持つ
歯ブラシを握り込んでしまうと、どうしても力が入りやすくなってしまいます。鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、粘膜を傷つけたり歯茎に当たってしまったりなどの痛みや不快感を防げるでしょう。

■ 磨くときは歯ブラシを細かく動かす
大きく歯ブラシを動かすと細かい部分に歯ブラシの毛先があたらず、歯の汚れが残りやすくなってしまいます。歯ブラシは歯一本ずつにあてるように意識して、細かく磨きましょう。特に「奥歯の噛み合わせ」「歯と歯茎の境目」「歯と歯の間」は汚れが溜まりやすい部分ですので注意しましょう。「歯と歯の間」には、デンタルフロス(糸ようじ)を使うとよいでしょう。歯医者さんでは子供用の小さなサイズも取り扱っています。

■ 唇を触るときは優しく
「歯茎」や「小帯(唇と歯茎の境目の筋)」に歯ブラシを引っかけたり、指で強く押さえたりすると痛みを感じ、歯磨きを嫌がることがあります。歯を磨く際は唇を指で軽く引っ張るようにして、力を入れすぎないように磨きましょう。

仕上げ磨きに使用する歯ブラシは?

仕上げ磨きの際に使う歯ブラシはヘッド(毛の部分)がコンパクトなものをお勧めします。ヘッドが大きいものを使うと、奥歯を磨くときや、舌に触れた時にえずいてしまう場合もあります。ヘッドが小さいものを使うことは子どもに負担が少ないだけではなく、磨く方も操作がしやすくしっかりと汚れを落とすことができます。

歯磨きは毎日のことになりますので、自分の歯磨きだけでなく、子どもの歯磨きもとなるとなかなか大変ですよね。特に、小さな子どもが仕上げ磨きを嫌がると毎日かなり苦労すると思います…。そんな時は、歯磨きを「スキンシップの一つ」として考え、ママやパパも気楽に親子で楽しむつもりでトライしてみましょう!
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick