list

神経を抜いた歯が痛いのはなぜ?

SNSでシェアしよう!

歯の治療で神経(歯髄)を抜いたから、痛みからは開放されるはずと思っていたのに、なぜかまだ痛いという経験をしたことはありませんか?

神経の形はヒトそれぞれ

歯の神経の形は、ヒトによってそれぞれ異なります。歯の根と同様にまっすぐな形をしていて、器具を使って簡単に治療ができる方もいれば、蜘蛛の巣のような網状をしており、器具や薬を使っても治療が難しい方もいます。神経を取ったのにまだ痛いということは、複雑な形をしている神経の治療となっていて、細菌に感染した神経を全て取り除くことができず、治療後でも痛みや腫れなどのトラブルを起こしていることが考えられます。こういった場合、再び神経の治療が必要となることもあります。

神経の痛みではないことも

神経は歯の中だけではなく、歯の周りの組織にも通っています。何か他のことが原因で起こっている違和感や痛みを治療した歯の痛みのように感じることもあります。この場合には、歯の周りの掃除や噛み合わせの調整を行うと改善されることがあります。

激しい痛みでだけでなく、体調によってなんとなく感じる痛みでも、何か少しでも症状がある場合には早めに歯科医院で受診をして、お口のトラブルを示すサインを見落とさないようにしましょう!

【参考ページ】
歯の神経を抜いたのに痛みを感じるのはなぜ?

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Editor's pick