こどものオーラルケア
  • トピックス
  • こどもの歯について知る
  • 年齢別オーラルケア
  • よくあるQ&A

小児歯科へ行ってみよう

小児歯科は怖くない

小児歯科って?

小児歯科は、お子さんの成長にあわせた虫歯予防や治療、そして歯並びや噛み合わせの治療を行う診療科です。 また、お子さんのお口の健康管理と指導という役割ももっており、親御さんの協力のもと歯みがきの指導や定期検診などを実施します。

お子さんの歯を健康で美しい歯に育てるためには、早い時期からしっかりとケアを行うことが大切です。

いつ歯医者さんに連れていったらいい?

乳歯が生え始めた時期に、一度歯科医院に行くのが良いでしょう

歯科医院では、お子さんの歯を検診し、歯のケアについて指導を受けます。

お口の中を触られることに慣れるようにする

日ごろから「保護者みがき」や「仕上げ磨き」をして、お口の中を触られることに慣れるようしておきましょう。

怖がらせない

「歯医者は怖いところだ」とイメージさせるような言動はしないように注意してください。

急に歯医者に連れていかない

歯医者にいくことを決めたら、お子さんに事前に知らせて心の準備をさせてあげましょう。 突然つれていくと、お子さんがびっくりして、怖がってしまう可能性があります。
また、可能であれば、「歯の健康の大切さ」について、親御さんがお話をしてくださるとより良いでしょう。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素(正しくはフッ化物)を塗ることで、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処置です。
フッ素塗布をすることで、下記のような効果があります。

  • 歯を虫歯菌が出す「酸」の生成を抑えます
  • 歯の質を強化し、「酸」によって歯が溶けるのを防ぎます
  • 歯の自然修復の力(再石灰化)を促進します

虫歯をカバーするシーラント

シーラントとは、奥歯の表面にある溝を「シーラント」という樹脂で埋める処置です。 奥歯にある溝は、歯ブラシの毛先も届きにくく、食べ物がつまりやすいのですが、この溝にシーラントの流し込むことで食べ物のつまりにくくし、虫歯を予防します。

関連コンテンツ



豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック